"開幕戦75分"プレーしたファン・ウィジョ、2シュートも評点下位圏の酷評
スポーツ韓国



※一部要約

開幕戦に出たジロンダン・ボルドーのファン・ウィジョが、チーム最多の2シュートを打ったにもかかわらず評点で下位圏の酷評を受けた。

ボルドーは22日午前2時、フランス・ボルドーのヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われた2020~2021シーズンのフランス・リーグ1開幕戦、ナントとのホーム試合で0-0の引き分けを記録した。

前半16分にボルドーのメディ・ゼルカネが相手のアキレス腱を踏み、VAR判定の結果ダイレクト退場を宣言された。
ボルドーは残りの70分余りを数的不利で戦わなければならなかった。

ファン・ウィジョは前半にミドルシュートとともに、追加時間に左サイドから上がってきたCKでバックヘディングを試みたが、ゴールポストを少し外れて惜しい思いをした。

後半に特別な活躍ができなかったファン・ウィジョは、後半30分に交代アウトとなった。
ボルドーは最後まで耐えて、数的不利でも勝ち点1を手にした。

だがサッカー統計サイトのフースコアードドットコムは、75分間プレーしたファン・ウィジョに評点5.97を与えた。
これは退場したゼルカネの5.62に次いで、ボルドーの選手の中で下から2番目に良くなかった。


スポンサーリンク
楽天





ヨーロッパ派のスタートを切ったファン・ウィジョ、惜しさと可能性が共存した開幕戦
スポーツ朝鮮



※一部要約

この日の試合は、今シーズンのリーグ1公式開幕戦に繰り上げられた。
両チームの試合は当初、23日に行われる予定だった。
だがサンテティエンヌと22日に1ラウンド戦を控えていたオリンピック・マルセイユからコロナ19の確診者が4人も出てきて、日程が延期となった。
一日早めて試合をすることになったボルドーが、今シーズンのリーグ1公式開幕戦に変更された。

フランスの舞台2年目。
ファン・ウィジョはリーグ1公式開幕戦で左ウイングとして先発出撃した。
現地メディアも注目した決定である。
フランスメディアのレキップは"ガセ監督はレミ・ウダンの代わりにファン・ウィジョを先発に選んだ"と報じた。
ウダンは1月にボルドーに移籍したFWで、チーム内の身代金1位を誇っている。

先発出場したファン・ウィジョは前半16分、ペナルティエリア左に素早く侵入したが、DFのタックルに阻まれた。
変数が発生した。
前半20分に中盤のMFメディ・ゼルカネが荒いタックルで退場させられ、数的不利に置かれたのだ。
ファン・ウィジョの役割にも変化が起きた。
ファン・ウィジョは守備にも積極的に加担し、より多くの運動量を要しなければならなかった。
攻撃と守備で力を出したファン・ウィジョは結局、後半に体力の負担を訴えた。
彼は後半30分に交代アウトとなってベンチに退いた。
チームは0対0の引き分けを記録した。

惜しさと可能性が共存した試合だった。
ファン・ウィジョは昨シーズンに続いて、今シーズンの開幕戦も自分のメインポジションでプレーできなかった。
彼は最前方FWで出たときに最もインパクトがある。
だが前任のパウロ・ソウザ監督は、ファン・ウィジョにシャドーストライカーの役割を注文した。
ガセ監督もやはりファン・ウィジョをウイングで活用した。
当初、新任監督体制で最前方ストライカーとして起用される可能性が提起されていた。
ただし、初戦では違った。
鼓舞的な事実もある。
ファン・ウィジョは昨シーズンに比べて、攻撃での役割が大きくなった。
退場の変数で役割の変化はあったが、昨シーズンよりも攻撃でさらに活発な動きをした。

ファン・ウィジョはデビューシーズンで26試合(正規リーグ24試合、FAカップ1試合、リーグカップ1試合)に出場した。
正規リーグだけで6ゴール2アシストを記録して目に留まった。
3ゴールは足、3ゴールは頭で得点して、多様な得点ルートを誇示した。
今シーズンには"二桁得点"を目標につかつかと前進する。
ファン・ウィジョは30日、アンジェとのアウェイ試合を照準を合わせている。


【関連記事】
韓国メディア:ガンバ大阪からボルドーに移籍したファン・ウィジョ、1年で価値4倍上昇…チーム内2位の評価額



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...