進化したイ・スンウ、"ソル・ギヒョン元所属チーム"アンデルレヒト遠征出撃準備
スポTVニュース



※一部要約

20-21ベルギーリーグの初戦を気持ち良く始めたイ・スンウが、2ラウンドの出撃を準備する。
イ・スンウの所属チームであるシント・トロイデンの2ラウンドの相手は、ソル・ギヒョン慶南FC監督の元所属チームであるアンデルレヒト。

昨シーズンに残念な成績表を受けたイ・スンウにとって、1ラウンドは希望を見せた一勝負だった。
後半14分に中村敬斗と交代してグラウンドの入ったイ・スンウは、投入1分で存在感を示した。
サイドからクロスが上がってきてボールが横に流れると、すぐにノンストップシュートを試みて、そのボールをコリーディオが押し込んで決勝ゴールを作り出した。
イ・スンウがゴールの起点になったのだ。

そのようなイ・スンウの活躍に、シント・トロイデンのケビン・マスカット監督は「イ・スンウが試合に影響を及ぼした。投入されてすぐ2ゴール目に関与したし、その後も絶え間ないプレスでチームに貢献した」と讃えた。

国内ファンの期待感も当然大きくなっている。
現地メディアの厚い評価に、ネチズンは「今シーズンは自分の役割を果たしそうだ」、「まだ若いので常勝疾走するように願う」などの激励を惜しまなかった。
「最も強力な練習だった」と語るほど、今シーズンを熱心に準備してきたイ・スンウが、2ラウンドではどういう姿を見せるだろうか。


スポンサーリンク
楽天





ベルギー記者、「イ・スンウは前任監督体制で被害者だった」
スポータルコリア



※一部要約

「イ・スンウは被害者だった」
ベルギーのサッカー専門記者が、昨シーズンにイ・スンウがシント・トロイデンVVに移籍してからあまり試合でプレーできなかった理由を上げた。

ベルギー地元紙Het Belang Van Limburgのピーター・バンロンメルサッカー専門記者は、昨夏にイ・スンウがシント・トロイデンに移籍したときから関心を持ち、彼の分析記事をしばしば報じた。
"スポータルコリア"は13日、シント・トロイデンの練習場で彼と会い、虚心坦懐にイ・スンウについての言葉を交わした。

イ・スンウに対するベルギー内の評価について、彼は「昨シーズンに試合であまりプレーできなかったのを見ると、まだベルギーのサッカーファンがイ・スンウについて知らないのが事実」として、「だが彼が初めてシント・トロイデンに来るというニュースを伝えたとき、皆が驚いた。なぜならスペインのFCバルセロナ、イタリアのヴェローナなどのビッグチームでプレーしていた選手が、規模の小さいチームに移籍したからだ」として、イ・スンウのシント・トロイデン移籍が驚きだったと伝えた。

続けて彼は「マルク・ブレイス前監督体制でイ・スンウは被害者だった」として、「ブレイス監督は公平に選手を起用しなかった。イ・スンウだけでなく、新たに移籍してきた選手は皆被害者だった。それによってクラブオーナーとも摩擦があった」として、昨シーズンにイ・スンウが出場できなかったのは、ブレイス監督の不公平な処遇だったと明かした。



新シーズンの展望については「イ・スンウはプレシーズンの試合から良い姿を披露した。シント・トロイデンのサポーターの間でも、プレシーズンの試合からイ・スンウを応援するファンダムが形成され始めた」として、「ケビン・マスカット監督体制でイ・スンウは出場時間が増えるだろう」と伝えた。

だが彼は「イ・スンウが出場した試合を見ると、彼が簡単に倒れるのを見ることができる」として、「競り合いの激しいベルギーリーグでは良い姿じゃない。なぜなら審判にも良くない認識を与えるし、試合の流れを切ることがあるからだ」と言及して、イ・スンウが簡単に倒れる部分を直してこそ、激しいベルギーリーグで成功できるとアドバイスした。

2020/2021シーズンを活気に満ちて始めたイ・スンウは、16日にアンデルレヒトを相手にベルギーリーグ2ラウンドの試合を行う。


【関連記事】
韓国反応:イ・スンウがベルギーリーグ開幕戦で決勝G関与…シント・トロイデンは鈴木優磨の先制点などでヘントに勝利



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...