釜山の看板FWイ・ジョンヒョプが"品切れ男"になる…16日に教師の新婦と華燭
スポーツ朝鮮



※一部要約

釜山の看板ストライカー、イ・ジョンヒョプが"品切れ男"になる。

イ・ジョンヒョプは16日午後1時、ソウル江南区のコエックスインターコンチネンタルホテルのハーモニーボールルームで、オ・セインさんと百年佳約を結ぶ。

予備新婦のオ・セインさんは小学校の教師である。
2人は偶然、知人の計らいで会って愛を育んだ。

イ・ジョンヒョプはサッカー選手生活をする自分を理解してくれて、負傷で苦しんでいるときに慰労してくれたオさんの思い遣りに惚れたという。

周囲の知人は「選手は職業の特性上、"手がかかる"だろう。予備新婦は小学校の教師らしくあれこれ気遣って慰労してあげて、イ・ジョンヒョプはすっかり溺れたのだろう」と語った。


スポンサーリンク
楽天







イ・ジョンヒョプ-オ・セインのカップルは結婚にゴールインするまで、順調ではなかったが"賢い恋愛生活"だった。
イ・ジョンヒョプは釜山の土地っ子、オさんは学校の勤務地によって互いに住む場所が違っていた。

他の人たちのように退勤してコーヒーを一杯飲みながら恋愛を楽しみたいが、"絵に描いた餅"だった。
さらにコロナ19事態が重なったうえ、イ・ジョンヒョプはチームのメインであり自由に動き回れないプロ選手である。

そのためオさんの犠牲で"週末恋愛"を続けてきた。
オさんが休日など時間があるたびに、釜山に行ってイ・ジョンヒョプに少しの間会って戻るのが日常となった。

イ・ジョンヒョプは「最初から色んな面で気に入っていたが、大変な素振りを見せずに釜山に来る真心が特に感動した。いつも賢明な判断をし、私を優先して配慮してくれる彼女の人柄で結婚を決心することになった」と語った。

彼らのカップルは結婚式を挙げた後、"賢い新婚生活"を続けなければならないとみられる。
コロナ19の影響もあり、2020年シーズンの真っ最中なので新婚旅行はひとまず返上することにした。

イ・ジョンヒョプは最近ハムストリングの負傷から回復して、再稼働しなければならない状況である。
1部リーグに昇格したチームは最近の連敗で停滞しているうえ、シーズンの真っ最中なので、"ハネムーン"の甘い夢はシーズン終了後に延ばすことにした。

新居を釜山に用意したが、新婦のオさんも勤務地のため、しばらくは離れて過ごさなければならない。
結婚式が終わると同時に"週末夫婦"が始まるわけである。

イ・ジョンヒョプは「現在はリーグが進行中なので、"チーム"釜山が成功裏に1部リーグ復帰のシーズンを送れるように力を加えることのほうが重要だ。これから良い姿でシーズンを終えることが、新婦への素晴らしい結婚土産になるだろう」と語った。

イ・ジョンヒョプ-オ・セインのカップルは招待状で"サッカーを愛する彼と、学生たちを愛する彼女が出会いました。愛で満たしていく私たちの試合、その始まりを一緒に応援してください"と挨拶した。

イ・ジョンヒョプ結婚の便りをスポーツ朝鮮に情報提供したシム某氏(50)は、イ・ジョンヒョプと同じマンションの住民であり、釜山アイパークのファンであると自分を紹介して「数年前、マンションの駐車場から車を出していたところ、イ・ジョンヒョプ選手の乗用車を傷つけたことがあった。そのときイ選手は"運転していればミスすることもある。適応に直すので気にしないでください"とむしろ慰めてくれた記憶が忘れられない」として、「そんな心優しい青年が幸せな家庭を築き、代表でも再び成功するように願っている」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...