イ・チョンス、仁川戦力強化室長辞任…イム・ジュンヨン理事が代替予定
ニュース1



※一部要約

イ・チョンス仁川ユナイテッド戦力強化室長がチームを去る。

仁川の関係者は9日、「今日、イ室長が辞表を提出してすでに受理された。城南FCとの試合が終わってからチームを出る予定」と明かした。

この関係者は「7月に8連敗したとき、イ・チョンス室長をはじめとしてコーチングスタッフ、チョン・ダルス代表理事まで一斉に辞表を提出したが、クラブオーナーが差し戻した。だが今回はイ・チョンス室長1人だけが辞意を明かした」と説明した。

これで去年1月に仁川の戦力強化室長に就任、選手団の管理と監督選任などを担当していたイ室長は、1年7ヶ月で行政家の挑戦を終えた。


スポンサーリンク
楽天





[単独] "電撃辞表提出"イ・チョンス戦力強化室長、仁川を去る
スポーツ朝鮮



※一部要約

イ室長は厳しい時期を過ごした。
上層部との葛藤に苦しんでいた。
昨冬から続いていた葛藤は今夏に爆発した。
個人で10億ウォンの後援金を誘致するなど、夏の移籍市場で最善を尽くしていたが、思うような獲得ができなかった。
4日に自身のSNS"くたびれた、操り人形"というポスティングを残して心境をあらわしたりもした。

イ・イムセン監督の選任不発の件で、内部の葛藤は世間に知られた。
チョン・ダルス代表理事が独断的にイ・イムセン監督選任を決め、イ室長は排除された。
結局、釈然としない決定は非常識な仕事の処理に繋がった。
まともにイ監督との交渉を完了しないまま、仕上げ段階の理事会から開かれる寸劇が繰り広げられた。
最終的には細部条項で異見を見せた末、イ監督の仁川行きは全面白紙化となった。

イ室長は直ちに監督選任に乗り出した。
5日のイ監督不発ハプニングの後、わずか2日後の7日にチョ・ソンファン監督選任を確定させた。
決定の時間は短かったが、その過程は決して不十分ではなかった。
むしろ最も"正常"的な道を歩んだ。
チョ監督は当初、仁川の主な候補群の1人だった。
イ室長は周囲の関係者に評判を尋ね、彼が率いた済州の試合を分析して、チョ監督への理解を早くに済ませた。
コーチ陣にチョ監督と縁のある人物が多いという点もメリットだった。

残りは互いの哲学を理解し、交感することだった。
イ室長はイ監督の仁川行きが不発となった夜、チョ監督と接触した。
6日1時に会って3時間近く意見を交わした。
イ室長もチョ監督も、互いに考え交わして満足感をあらわした。
大枠で合意まで終えた。
だが異見があった。
コーチングスタッフ継承の問題だった。

チョ監督は自分が望むコーチの同行を強く要求した。
事実上、チョ監督の唯一の要請だった。
夏の移籍市場で予算のほとんどを減少させた仁川にとって、新コーチの選任は明らかに負担になるしかなかった。
なので両者の調整が必要だった。
イ室長は決断を下した。
チョ監督の意向を受け入れることにし、首脳部を説得した。
結局、イム・チュンヨン主席コーチが一線から退いて技術理事に職務を変え、チョ監督と縁のあるチェ・ヨングンコーチが赴任した。

監督選任を終えたイ室長は、休みたいという意向を周囲に伝えた。
イ室長は監督選任という足元の火を消し、自分の任務を全うした。
監督選任後、イ室長は市長と代表理事に辞意を伝えたことがわかった。
当初は代表理事と共に辞任することが有力だったが、どういうわけかイ室長だけが去る方向で枠が決まった。
イ室長は就任後に特有の頑固で粘り強い根性によってチーム残留という目標を達成し、行政家として成功的な第一歩を踏み出した。
だがついに内部的な葛藤を克服できず、1次挑戦を終えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...