FCソウル公式発表「キ・ソンヨンと入団合意、メディカルテスト進行」
スポーツワールド



※一部要約

キ・ソンヨンがFCソウルに帰る。

ソウルは19日、報道資料を通じて「ソウルとキ・ソンヨンが入団契約の条件に相互最終合意した」と明かした。

2月にニューカッスル・ユナイテッドとの契約が満了したキ・ソンヨンはソウルリターンの可能性を提起されたが、合意点を見いだせなかったことがある。
その後キ・ソンヨンは、スペイン・プリメーラリーガのマジョルカのユニフォームを着て、再びヨーロッパの舞台をノックした。

だが新型コロナウイルス感染症や負傷などが重なってマジョルカとの同行は短期で終わり、所属チームのなかったキ・ソンヨンはソウルリターンに合意した。

ソウル側は「20日にメディカルテストを行い、ソウルはメディカルテスト後に契約の手続きを終えて、キ・ソンヨンの入団を公式発表する計画」と伝えた。


スポンサーリンク
楽天





FCソウル-キ・ソンヨンの同行、現実を選んだ"ウィンウィン戦略"
スポーツ朝鮮



※一部要約

2月に行われた冬の移籍市場では結論を出せなかった。
むしろ感情的な諍いに広がった。
キ・ソンヨンは国内復帰を諦め、スペイン・マジョルカに短期移籍した。
キ・ソンヨンはクラブに心残りをあらわしたりもした。

キ・ソンヨンのKリーグ復帰。
クラブと選手はどちらも慎重な立場だった。
双方とも「可能性は残してある」と言葉を慎んだ。
もちろん水底での接触は続いた。
ソウルは団長が直接協議に入った。
キ・ソンヨン側に具体的な年俸とオプション条件などを提示した。
序盤は契約期間や年俸、細部のオプションなどで意見の相違があったという。



長い交渉が繰り広げられた。
長くても交渉を続けるしかなかった現実的理由がある。
ソウルは冬の移籍市場の後、ファンの叱責を受けた。
フランチャイズスターを冷遇したという理由だった。
現スカッドも悩まなければならなかった。
ソウルはオスマルやハン・チャンヒら、キ・ソンヨンと似ているスタイルのMFを多数保有している。
夏の移籍市場でソウルの"選手団整理説"が流れた理由だ。
以前に何度も言及されたチュ・セジョンのガンバ大阪移籍説も再び水面上に浮上した。
その他に一部の選手が市場に出たりもした。

心の傷を受けたキ・ソンヨンは、回復が優先だった。
決断の岐路でもあった。
キ・ソンヨンはKリーグの他に、アメリカMLSなどのラブコールを受けたことがわかった。
だがコロナ19などの現状を考慮したとき、短期間で解決できる問題ではなかった。
両者は現実的な悩みによって同行を選んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...