ハ・デソン、プロサッカーKリーグ解説委員で復帰
NEWSIS



※一部要約

今年はじめにグラウンドを去ったハ・デソンが、プロサッカーKリーグに解説委員で戻る。

プロサッカー連盟は16日、「FCソウル出身のハ・デソン委員をKリーグ中継制作チームの解説委員として新たに迎えた」と明かした。

2004年に蔚山現代でプロ生活を始めたハ・デソンは大邸FC、全北現代を経て2010年からソウルのユニフォームを着た。

デヤンやモリーナらの攻撃陣を黙々と支える役割を消化したハ・デソンは、ソウルの2010年・2012年の優勝に大きく貢献した。
ファンは"上岩の王"というあだ名で愛情を注いだ。


スポンサーリンク
楽天





"上岩の王"ハ・デソン、マイクを手にした…Kリーグ解説委員に変身
ニュース1



※一部要約

その後、中国と日本の舞台まで経験したハ・デソンは、2017年に古巣のソウルに復帰し、今年はじめに引退を決心した。

引退後の進路を悩んでいたハ・デソンは、自分の経験を活かした"目と口"で、サッカーファンにKリーグを伝える解説委員の道を選んだ。

プロ連盟側は「ハ・デソン委員本人が良い中継のために多くの準備をしている。Kリーグの中継放送に新鮮な風を起こしてくれるよう期待する」と明かした。

連盟はハ・デソン委員の解説委員の準備過程が含まれたコンテンツを17日にKリーグのユーチューブに公開する予定だ。

ハ・デソンのKリーグ中継デビュー戦は、20日の"ハナワンキューKリーグ2・2020"11ラウンドの安山と慶南の試合である。
この試合はハ・デソン委員の実弟である慶南のMFハ・ソンミンが出場する可能性があり、さらに関心が集まっている。


【関連記事】
負傷に苦しんだFCソウルのハ・デソンが現役引退を宣言…最後は惜しかったが拍手を受けて当然の選手



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...