"16分vs88分"、出場時間が物語るイ・ガンインと久保の克明な立場の違い
スポーツ朝鮮



※一部要約

"16分vs88分"、韓国と日本を代表する次世代サッカーエースの立場と悲喜を克明に示す時間である。
実力に関係なくイ・ガンインが疎外されている反面、久保建英は重用されている。
イ・ガンインが一日でも早く、自分により多くの時間を与えるチームを探さなければならない理由だ。

イ・ガンインと久保は13日、並んでスペイン・プリメーラリーガ36ラウンドに出場した。
イ・ガンインはこの日、レガネスとのアウェイ試合で先発から外された。
かなり疑わしい決定である。
イ・ガンインは直前のラウンドだった8日のバリャドリード戦で、後半44分にピリッとする決勝ゴールを放ってチームの2対1の勝利を導いた一等功臣だ。
そのときのイ・ガンインのプレーは眩しかった。
フォームや体力の面で何の異常もなさそうに見えた。
なのでレガネス戦の先発出場も期待されていた。

だがイ・ガンインがいくら決定的なゴールを決めても、チーム内の立場は変わらなかった。
バレンシアの臨時司令塔のボロ監督はレガネス遠征の前に行われた記者会見で、イ・ガンイン先発の可能性についての質問に「イ・ガンインは我々選手のうちの1人に過ぎない。選手個人ではなくあらゆることを考慮し、最高の価値判断をする」と留保的な態度を取った。
それから多くのヨーロッパメディアがイ・ガンインのベンチ待機を予想し、実際そうなった。

イ・ガンインはバリャドリード戦と同じように、後半29分になってジョーカーとして投入された。
16分以上プレーしたが、何かを見せるには時間があまりに短かった。
前のバリャドリード戦のようにはならなかった。
結局、イ・ガンインは攻撃ポイントを上げられず、バレンシアも降格圏で苦しむレガネスに0対1で敗れた。


スポンサーリンク
楽天







このようにイ・ガンインが不安定な立場で苦労している間、久保はチームや監督の全面的な支持の中で多くの経験を積んでいる。
久保はこの日、セビージャとのアウェイ試合に先発出場した。

結果的に、久保も特別な活躍はできなかった。
後半終了直前に交代するときまで約88分を消化したが、攻撃ポイントは上げられず、チームも0対2で敗れた。
だがほぼフルタイムを消化し、チームの確固たる主戦であることを刻印させた。
イ・ガンインに冷たいバレンシアの臨時監督とは違い、マジョルカの指揮官であるビセンテ・モレノ監督は久保への絶賛を惜しまない。
最近では「久保は1年間でかなり発展した。レアル・マドリードに戻っても十分主戦のポジションを取れる」と称賛を浴びせた。

久保はレアル所属だが、出場機会の確保のため昨夏マジョルカにレンタルされた。
降格圏の弱いチームだが、久保にとっては温かい信頼と多くの出場経験を提供した良いチームだった。
久保は愛情と関心の中で着実に実力をつけている。
一方、イ・ガンインは冷情な競争の中で孤軍奮闘しているところだ。
イ・ガンインには環境の変化が何よりも優先されなければならない。




ユースからプロまで、アンバサダーが見るラ・リーガのアジア選手の活躍
ゴールドットコム



※一部要約

2019/20シーズンのプリメーラリーガは、終了までわずか残り2試合になった。
予想できないリーグの中断と再開、無観客試合まで多事多難だったリーグを終え、ラ・リーガは新たなイベントを用意した。
ラ・リーガは13日、アンバサダーのルイス・ガルシアとガイスカ・メンディエタが参加したオンライン記者会見を行った。

今シーズンのラ・リーガでは、アジア選手の顔を多く見ることができた。
現在、イ・ガンインをはじめとして久保建英、乾貴士、ウー・レイらの選手がラ・リーガでプレーし、輝かしい活躍を見せている。

特にイ・ガンインと久保はラ・リーガのユースシステムを通じて成長した人たちである。
イ・ガンインはバレンシアで着実に段階を踏んできて、バルセロナアカデミー出身の久保は現在、レアル・マドリードからマジョルカにレンタルで所属して良い活躍を繰り広げているところだ。
単に成人選手の移籍だけでなく、幼少年選手が幼い頃からラ・リーガのシステムを経て共に成長しているところである。

2人のアンバサダーは、そのようなアジア出身選手がラ・リーガで見せる姿について明かした。
ガルシアは「印象的だ。ラ・リーガでは違う国籍出身の選手がプレーしていて、アジアから来た選手もやはり増えている。彼らは情熱が溢れ、サッカー知能も高い」と答えた。

メンディエタもやはり「ラ・リーガ、ユースアカデミーのどちらもグローバルになっている。文化など異なる点は多いが、韓国や日本などから良い選手が来ていて、彼らのレベルは上がっている。ヨーロッパサッカーとは違う点があり、なので以前は(アジア選手がプレーするのに)難しい点もあった。だがアジアサッカーはずっと高いレベルに達している」と明かした。


【関連記事】
バレンシアOBのメンディエタ「イ・ガンインは久保建英のようにレンタル移籍するべき」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...