イ・ガンイン、バレンシアのベテラン選手とロッカールームで言い争い?SNSで拡散
スポーツ韓国



※一部要約

バレンシアCFのイ・ガンインが、チーム内のベテランDFであるハウメ・コスタと言い争いをしたという噂が、SNSで広がっている。

ハウメ・コスタは2012年からビジャレアルでずっとプレーし、今シーズンからバレンシアでプレーしている選手。
1988年生まれのコスタは2001年生まれのイ・ガンインとは、何と13歳も差がある。

噂によると、バレンシアの核心選手であるフェラン・トーレスとパレホが互いに話をせず、若いイ・ガンインとベテランのコスタの間で口喧嘩があったという。
ただでさえアルベルト・セラーデス監督が更迭までされ、かなり成績の良くない最近のバレンシアの状況まで重なり、チーム内の雰囲気が非常に良くないというのを根拠に、この噂もやはり言及されている。

だがまだこの噂は噂に過ぎない。
現地のどのメディアでも、そのような内容を扱ってないためである。


スポンサーリンク
楽天





バレンシアの関係者「イ・ガンイン、コスタと喧嘩したことはない」
MKスポーツ



※一部要約

バレンシアがラ・リーガで10位に落ち、昨シーズン4位とスペイン・コパ・デル・レイチャンピオンの面子を失った。
MFイ・ガンインが13歳上の同僚DFと諍いを起こしたという主張まで出たが、選手団の関係者は否定した。

スペイン現地では2日、「イ・ガンインとハウメ・コスタが数日前、現場の全員が聞こえるほど大きな声で言い争いをした」という噂が広がり、落ち着かないバレンシアの雰囲気を推し量るようにさせた。

だが3日、スペイン"ラジオ・タロンハ"は、バレンシアのロッカールームの事情に詳しい消息筋を引用して「イ・ガンインとコスタの関係は以前も今も何も変わってない」として、問題がなかったということをほのめかした。

"ラジオ・タロンハ"は、2018年7月から"メスタージャ・タロンハ"との連携などを通じて、ポッドキャストやSNSでメディアに報じられてないクラブの内部事情をバレンシア現地のファンダムに伝えているところだ。

イ・ガンインは10歳だった2011年、ユースチーム入団を皮切りに9年バレンシアに身を置いている。
コスタはレンタル選手の身分で、2019-20シーズンにバレンシアに合流した。
20日に元所属チームのビジャレアルに戻る。

今シーズンのイ・ガンインは、バレンシア所属で20試合570分1得点を記録中である。


【関連記事】
韓国メディア:欠場のイ・ガンインと2ASの久保建英…韓日最高有望株の悲喜が行き違った



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...