ファン・ウィジョ、仏レキップ選定"最高コスパ"選手賞候補
NEWSIS



※一部要約

フランスプロサッカー・リーグアンで初シーズンを過ごしたファン・ウィジョが、現地メディアからコスパの高い選手と評価された。

フランス"レキップ"は17日、リーグが早期終了した中でフランスプロサッカー選手協会が授賞式を行わないことにすると、自主的に"ロタルドール"という個人賞を受賞させることにして部門別の候補を公開した。

ファン・ウィジョは身代金に比べて好成績を上げたコスパ部門で、候補9人のうちの1人に道道を名前を上げた。

去年7月に日本Jリーグのガンバ大阪を去り、ボルドーに巣を作ったファン・ウィジョは4年契約を結んだ。
移籍金は200万ユーロ(約27億ウォン)だった。

レキップはファン・ウィジョの移籍金を紹介して「シーズン中に良い姿を見せた」と紹介した。

ボルドーの地元ジャーナリスト"ジロンダン33"は「初シーズンに6ゴール2アシストを上げた。多才多能な姿を見せてくれた」として、"ロタルドール"の候補に上がったニュースを伝えた。

ファン・ウィジョはヨーロッパの舞台に素早く適応して印象的な活躍を繰り広げたが、コロナ19の影響で早期終了して心残りを飲み込んだ。
受賞者は20日に発表される予定である。


スポンサーリンク
楽天





"訓練所退所→奉仕活動→出国"ファン・ウィジョ、3日でフランスに移動した事情
スポーツ朝鮮



※一部要約

ファン・ウィジョはなぜそんなに急いでフランス行きの飛行機に身を乗せなければならなかったのか。

先月7日、ファン・ウィジョは論山陸軍訓練所に入所した。
彼は2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを首にかけて兵役特例の恩恵を受けた。
それによって芸術-体育要員に編入されたファン・ウィジョは、基礎軍事訓練を受けて34ヶ月間現役選手として活動し、544時間の奉仕活動を履修すれば兵役義務を終える。
ファン・ウィジョはコロナ19のため、フランスリーグ1が早期終了すると軍事訓練を受けた。

4週が過ぎた。
基礎軍事訓練を終えたファン・ウィジョは4日に出所した。
当初、ファン・ウィジョは韓国に残って休みを取る予定だった。
ファン・ウィジョはアジア大会以降、2年近く休むことなくプレーした。
所属チームと代表を行き来して試合でプレーした。
休みが絶対に必要な状況だった。

気流が変わった。
ファン・ウィジョは出所後わずか3日でフランスに移動した。
ファン・ウィジョ側の関係者は「ボルドーの招集日程が予定より早くなった。6月22日に練習を始める」と伝えた。

ファン・ウィジョは2週の自宅隔離期間を考慮、早くに航空便を調べた。
空路から問題だった。
コロナ19事態によって韓国とフランスを行き来する航空便が減った。
ファン・ウィジョが利用しようとしていた航空便は最初からキャンセルとなった。
ファン・ウィジョはオランダ・アムステルダムを経由してボルドー入りする予定だった。
だが航空便のためフランス・パリに入国、TGVに乗ってボルドーに行く。

理由がある。
ファン・ウィジョはボルドーの主軸FWだ。
ボルドーの投資の核心ポイントである。
実際、ボルドーはファン・ウィジョ獲得で少なくない移籍金を甘受した。
期待を一身に受けたファン・ウィジョは、自分の役割を果たして席を確固たるものにした。
ボルドーは新シーズンにファン・ウィジョがより多くの役割を果たすよう望んでいる。
ファン・ウィジョもやはりチームの望みをよくわかっている。
そのためファン・ウィジョは出所後すぐにフランスへ移動、チーム練習の開始日に合わせて合流する予定だ。

一方、ファン・ウィジョはタイトな日程の中でも奉仕活動を進めたことがわかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...