交通事故に遭った尚州尚武、負傷者も練習する選手もより切実になった思い
スポーツ朝鮮



※一部要約

ヒヤッとした交通事故。
尚州尚武は雰囲気を作ってより固くなることができるだろうか。

キム・テワン監督が率いる尚州は、開幕前に交通事故に遭った。
29日午前、慶北の尚州市咸昌邑允直十字路で、尚州選手団を乗せたバンと1tトラックが衝突した。
この事故でバンに乗っていた選手5人と支援スタッフ1人、トラック搭乗者3人ら全9人が負傷した。
彼らは5月9日の開幕を前に、大型バスとバンに分かれてコロナ19の検査を受けに行く途中だった。

選手団と支援スタッフらの負傷者は、直ちに近くの病院に移動して検査を受けた。
選手団を引率していた支援スタッフが顔面を負傷した。
選手団はあまり怪我をしていないという。
ただし、選手団は安静のため病院に入院した状態である。


スポンサーリンク
楽天







開幕を前に発生した事故。
監督と選手は驚きの気持ちを隠せなかった。
クラブ関係者は「不幸中の幸いで、大きな負傷ではないという便りに安堵した。監督と選手は、負傷選手のためにもより熱心に準備しようと雰囲気を引き締めている」と伝えた。

負傷で病院にいる選手も気持ちが優れない。
この日のバンにはイ・ドンスやイ・サンギら5人が乗っていた。
特にU-22の選手であるオ・セフン、チョン・セジン、キム・ボソプが負傷で離脱した。
クラブ関係者は「チョン・セジン、キム・ボソプらは"本当に大丈夫。退院したい"と言っている。一日でも早く復帰して、心配を減らしたいという意味だ。むしろチームが"健康のために状態を見守らなければならない"と止めるほどだ。負傷した支援スタッフもやはり気を使っている。良い状況ではない。だが皆が心配していて、もっと頑張ろうと努力している」と語った。

一方、バンは聞慶から尚州方向へ直進している状況だった。
1tトラックが醴泉から尚州側に左折して衝突した。
警察はトラックが信号を違反をしてバンに突っ込んだというクラブの説明に沿って、事故の経緯を調査中である。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...