"進路探しメンター"に変身したファン・ウィジョ、青少年らとオンライン会遇
イーデイリー



※一部要約

ファン・ウィジョが大韓サッカー協会のスポーツ進路探しプログラム"ドリーム(Dream) KFA"に登場し、参加者と楽しい時間を過ごした。

KFAは29日午後、ソウル鍾路区のサッカー会館で"ドリーム(Dream) KFAオンタクト(Online Contact)"を実施した。
"ドリーム(Dream) KFA"は2014年から実施している社会貢献教育活動の一環で、スポーツ関係の進路を希望する青少年に職探しの機会を提供するプログラムである。

今回の"ドリーム(Dream) KFA"は、コロナ19のため以前のように参加者がサッカー会館に集まらずに画面で行われた。
中・高校生のオンライン授業の時間を考慮し、午後5時から始まった。
オンライン画面に繋げて行われるので、今回の"ドリーム(Dream) KFA"は"オンタクト"という名称が別についた。
選ばれた中・高校生の22人はそれぞれ個別の場所で、事前に伝えられた画面連結プログラムに接続して"ドリーム(Dream) KFA"と会った。

ファン・ウィジョは3月にコロナ19でフランスリーグが中断され、現在韓国に滞留している。
そのとき"ドリーム(Dream) KFA"の趣旨を伝え聞き、代表の才能寄付の次元で快く参加を決めた。

メンタリングの時間を通じて、ファン・ウィジョは参加者と忘れられない思い出を積んだ。
事前に集めた参加者の質問に誠実に答えて雰囲気を盛り上げた。
2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会金メダルの後日談からフランス生活まで、様々な話が"ドリーム(Dream) KFA"を駆け巡った。


スポンサーリンク
楽天





入所を控えたファン・ウィジョ、"ドリームKFA"参加者らとLAN線デート
スポーツワールド



※一部要約

直接対話をすることはできなかったが、ファン・ウィジョは最善を尽くして参加者の気がかりを晴らしていった。
悩みを吐露した参加者には、自分の経験を基に温かいアドバイスをしたりもした。

"選手が質問してファンが答える"時間では、MCを引き受けたパク・ジヨンアナウンサーと気の利いた喋り方を披露したりもした。
パク・ジヨンアナウンサーはファン・ウィジョと同じく、才能寄付の次元で今回の"ドリーム(Dream) KFA"に参加した。

この日の"ドリーム(Dream) KFA"には、ファン・ウィジョの他にもキム・ヒゴン国際審判が参加して参加者と会った。
キム・ヒゴン国際審判は画面上でも生き生きとした自分の経験談を語り、心配事の解消に最善を尽くした。

協会は「代表選手が才能寄付の形で参加する"ドリーム(Dream) KFA"は今後もずっと続く予定」として、「2017年から試みて、サッカー協会とともに同様のプログラムも行い、サッカー界入りを夢見る青少年・青年の進路探しを助ける社会貢献と教育活動を継続的に拡大していく計画」と明かした。




リーグアン終了の手続き、ファン・ウィジョのヨーロッパ初シーズンも終わる
スポーツワールド



※一部要約

ファン・ウィジョはJリーグのガンバ大阪と大韓民国代表で大活躍し、卓越した得点力を認められて2019年7月にフランスの名門ボルドーに入団した。
26試合に出て6ゴール2アシストをするなど、優れた成績を残した。

記録上は無難だったが、ファン・ウィジョは選手の立場としては残念にならざるを得ない。
最前方資源だったが、主にウイングでプレーする難しい状況の中でも素早く適応し、しっかりと活躍する前にコロナ19によって上り調子が止まり、そのようにしてヨーロッパ初シーズンは終わった。

残念だがこの時間を効率的に活用するファン・ウィジョ。
2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会で金メダルを首にかけて兵役特例の恩恵を受けて芸術・体育要員に編入された彼は、今シーズンを終えて下半期に基礎軍事訓練を受ける予定だったが、その日程を5月7日の論山訓練所入隊に繰り上げた。
無事に入所すれば、来シーズンを準備するチームスケジュールを無難に消化できるはずだ。


by カエレバ

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...