[オフィシャル] プロサッカー連盟、Kリーグ選手協の年俸削減の議論提案を歓迎
スターニュース




※一部要約

韓国プロサッカー連盟が、韓国プロサッカー選手協会の年俸削減に関する議論の提案について、歓迎の立場を明かした。

コロナ19の事態による全世界的な景気低迷減少が表面化している。
国際通貨基金(IMF)は今年、世界経済の成長率がマイナスを記録すると予想し、韓国の経済成長率もやはり1998年の外国為替危機以来、22年ぶりにはじめてマイナスになると発表した。

サッカー産業も経済危機から自由ではない。
世界各国のリーグが中断あるいは開幕延期の状態にある。
入場収入や中継権料など、各種収入の急激な減少で大きな損失が発生した各国のリーグやクラブ、選手は自己救済策の用意に忙しい。

Kリーグもやはり危機的状況である。
連盟は今年、Kリーグ全体の売上損失が約575億ウォンに達すると推定したことがある。
去年のKリーグ全体売上の約15%に該当する金額である。
景気低迷が長期化すれば、クラブが親企業や地方自治体から受ける支援金がさらに減少することも憂慮されている状況だ。

連盟はこのようなKリーグの危機的状況で、選手協がリーグとクラブの困難を理解して先に年俸削減についての協議を提案してきたことを歓迎するという立場を17日に明かした。

また、合理的かつ実効性のある方案を導き出すため、選手協と積極的なコミュニケーションをする予定だと伝えた。


スポンサーリンク
楽天





韓国プロサッカー選手協会「選手の同意ない年俸削減に反対」
ニュース1

200418100325062.jpg


※一部要約

選手協は18日、最近行われた理事会で新型コロナウイルス感染症の余波によって台頭した、サッカー選手の給与削減についての議論があったと明かした。

イ・グノ会長は「現在、コロナ19の事態によって全世界の産業が困難を経験している。サッカー界もやはり、ヨーロッパのビッグリーグを中心に、サッカー選手の契約の安定性についての問題が台頭している。ひとまずコロナ19による損失がどの程度なのかを正確に把握する必要がある」と強調した。

パク・チュホ副会長の考えもまた違わなかった。
パク副会長は「私たち選手協がどのような結果を出しても、選手の考えはすべて異なるほかない。現在、一部のクラブが選手の給与を削減して寄付が行われたと聞いている。しかし、最も重要な点は、どんな場合でも強要があってはならない」と考えを明かした。




選手協、緊急理事会で"選手の同意ない年俸削減あってはならない"
スポTVニュース

200418081630559.jpg


※一部要約

理事会の進行を引き受けたキム・フンギ事務総長は「FIFPROやFIFA、AFCなど国際機構の共通した立場は、選手の契約が最も優先的に保護されなければならないということ。ベネズエラ(3年の年俸削減)やコロンビア(男子50パーセント削減、女子全員契約解除)など、一部の国ではすでにこのような状況を悪用する事例も起きている。低年俸の選手の場合、いかなる形の給与削減でも生計に致命的な脅威をもたらす」と語った。

ヨム・ギフン副会長もまた、選手との対話を強調した。
ヨム副会長は「こういうときだからこそ、選手がまとまらなければならない。特に若くて力のない選手を保護しなければならない」と述べた。

続けてキム・フンギ事務総長は「最近、大韓サッカー協会や韓国プロサッカー連盟、一部のクラブ役職員の給与を自主的に削減したり寄付をするなど、選手の給与削減の雰囲気を作る動きが把握されている。英国や日本などの他国の場合、そのような問題が起きれば、まず選手協に話をするのに、我が国の場合は一方的に決めて選手に通知することが多かった。いかなる場合でも、選手の同意のない削減があってはならない」と強調した。

最後にイ・グノ会長は「選手の声にもっと耳を傾けなければならないときだ。選手協は力を合わせて、コロナ19の危機を賢明に克服するために努力を惜しまない」として、理事会を終えた。


【関連記事】
韓国メディア:開幕延期が続くKリーグ、15.4%の売上減少を予想



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...