イ・ガンインも負傷、松葉杖使用を捕捉…右足首捻挫(西メディア)
インターフットボール




※一部要約

スペインの"ラジオ・マルカ・バレンシア"は13日、「イ・ガンインが右足首を挫いた。彼は足を踏めずに松葉杖を利用している」として、イ・ガンインが松葉杖を使って車に乗る映像を公開した。

イ・ガンインは11日、ホームで行われたアタランタとのUEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦のホーム試合で、交替リストに名前を上げたがグラウンドを踏めなかった。

2日後、イ・ガンイン負傷のニュースがスペインメディアを通じて伝えられた。
イ・ガンインは今シーズン中盤に筋肉の負傷で治療を受けたのに続き、右足首まで負傷してしまった。

イ・ガンインだけでなくサッカー代表のソン・フンミン、ファン・ヒチャンも負傷でリハビリに邁進している。
現在、スペインのラ・リーガはコロナ19でシーズンを中断した状況で、サッカー代表の3月のAマッチ日程もやはり延期され、イ・ガンインは十分回復できる時間を確保した。


スポンサーリンク
楽天





"マルセリーノを切り、イ・ガンイン止める"ピーター・リムの決定、すべて失敗に
STNスポーツ




※一部要約

バレンシアCFは11日、メスタージャで行われたUEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦のアタランタBCとの試合に4-3で敗北した。
バレンシアは1・2次戦合計4-8で押されて大会を終えた。

シンガポールの実業家であるピーター・リム会長は2014年にバレンシアを買収、クラブオーナーになった。
買収後、バレンシアに及ぼしたピーター・リム会長の好影響も多かった。
2000年代序盤に漂流していたバレンシアだ。
リム会長の買収以降、安定的に資金運用をするようになったバレンシアは、以前より良い姿を見せていたからである。

だが少なくとも今シーズン前に行った決定は、拍手を受けるのが難しいように見える。
結果的に、彼が行った決定が失敗に帰結したからだ。

マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の更迭が代表的である。
昨シーズン、チームにコパ・デル・レイ優勝カップをプレゼントし、リーグ4位に入ってUEFAチャンピオンズリーグのチケットをもたらしたマルセリーノ監督だ。
だがリム会長はマルセリーノ監督と意見の衝突を起こすと、今シーズンの4ラウンドで彼を電撃更迭した。

結果は失敗に近い。
前のシーズンより良かったUCLの成績は16強で止まった。
優勝したコパ・デル・レイは8強で脱落した。
リーグ順位で4位入りが可能なのか、現在としては疑問である。

現在の暗鬱な状況がアルベルト・セラーデス監督のせいだと言うことはできない。
セラーデス監督はリム会長が任命した人物だが、危機のチームを収拾するために総力を尽くしたからだ。





昨シーズンはマルセリーノ式の4-4-2で粘り強い守備を誇っていたバレンシアである。
今回のアタランタ戦で4失点を許して崩れることになったのは、リム会長の独断から始まったことだ。
セラーデスは熱心に収拾したが、リム会長の決定がなければ最初から起きなかったことである。

私たちのファンから多くの関心を集めている太極戦士イ・ガンインの去就問題も同じだ。
マルセリーノ監督解任のとき、同時に解任されたマテウ・アレマニー団長は11月、<エル・デスマルケ>など複数のスペインメディアで「昨夏にイ・ガンイン本人もレンタルに同意したが、結局決裂した」と明かして、リム会長など首脳部の反対でレンタルを実現させられなかったことをほのめかしたことがある。

イ・ガンインを愛重しているリム会長と同様に、マルセリーノ監督やアレマニー団長もやはり彼の才能を認めていた。
ただし、出場機会を定期的に得られるレンタル行きを望んでいたが、チーム内でアジアスターの活躍を望むリム会長に反対されていたことがわかった。

結果論だが、1月の負傷復帰以降に出場時間が制限されているイ・ガンインだ。
レンタル行きを選んでいればどうだったかという思いが色濃く残る。

リム会長のバレンシアに対する愛情は大きく、それによって様々な決定を下した。
成功したこともあり、失敗したこともあるが、今回の決定は失敗に終わる可能性が高いように見える。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...