ベトナムメディア、「パク・ハンソ監督、コロナ予防を徹底的に遂行…間もなく隔離解除」
ベストイレブン




※一部要約

ベトナム保健当局は、韓国に行っていたパク・ハンソ監督とコーチングスタッフを綿密に管理している。
韓国がコロナ19で大きな困難を経験しているだけに、避けられない選択だった。

そのためパク監督とコーチ陣はベトナム保健当局の監督を受け、やはり遵守した。
万が一の事態に備え、厳しく自らを統制したわけである。

ベトナムメディア<ラオドン>がベトナムサッカー協会(VFF)の伝えた便りを報じたものによると、パク監督とコーチングスタッフは近いうちに隔離が解除されるようだ。
<ラオドン>は「パク監督とコーチは自宅隔離を徹底して遂行した。常駐の医療機関にもしっかり協力した」として、「パク監督は3月7日までに隔離を完了した後、Vリーグを視察する予定」と説明した。

現在、イ・ヨンジンコーチとパク・ソンギュンフィットネスコーチが公式に隔離を解除され、活動を始めたという。
Vリーグを視察して、代表に選抜するための最適なコンディションの選手を見つめるためだ。
パク監督としても、一日でも早く直接身を動かして、FIFAワールドカップ予選を準備した気持ちが大きい状況である。


スポンサーリンク
楽天





日メディア「パク・ハンソ、ベトナムでコロナ隔離恩恵」…虚偽報道論難
マネーS




※一部要約

日本のあるメディアが、パク・ハンソ監督がベトナムで新型コロナウイルス感染症の基準を満たさない恩恵を受けたと報道、ベトナムはもちろん韓国ファンの公憤を買っている。

日本のサッカーダイジェストは8日、コロナ19の事態による東南アジア各国リーグの状況を伝える過程で、パク・ハンソベトナムサッカー代表監督に言及した。

このメディアは、ベトナムが韓国発の入国者を対象に14日間の医療隔離を実施しているが、パク監督についてはこれを免れて論難が起きていると報じた。
そのような措置は、パク監督がベトナム現地で"サッカーの父"とまで評価されていて、特権を受けているからというのがこのメディアの説明だ。

だがこれは事実ではない。
パク監督は韓国で休暇を過ごした後、先月23日にベトナムへ向かった。
当時はベトナムが韓国発の入国者に対する措置を取る前である。

ベトナム政府は今月1日から、韓国人へのノービザ入国禁止とともに、自宅隔離の措置を始めた。
パク監督はそのような指針とは別に、ベトナム到着後に検査を受け、7日まで韓国に行っていた家族やコーチングスタッフとともに隔離期間を取っている。

これについてサッカー界のある関係者は「日本メディアが正確な内容を知らないまま、ただパク・ハンソ監督とともに韓国サッカーの地位を下げるために努めているようだ」と批判した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...