[単独] "ブルードラゴン"イ・チョンヨン、ボーフムとFA交渉妥結…Kリーグ行き有力
インターフットボール




※一部要約

イ・チョンヨンがボーフムとの交渉の末、自由契約(FA)選手になった。
自由に行き先を選べるイ・チョンヨンはKリーグ行きが有力である。

ドイツサッカーに詳しい関係者によると、イ・チョンヨンはボーフムからFA身分を受けることに成功した。
イ・チョンヨンは2020年6月30日までボーフムと契約している状態だった。

イ・チョンヨンは2018年9月、ドイツ2部リーグのボーフムと1+1の契約を結んだ。
入団後に主軸選手となってシーズン中に再契約に成功し、今シーズンは12試合に出場した。
豊富な経験でクラブ内から信頼されていた。

冬の移籍市場でイ・チョンヨンは移籍を推進した。
しかし障害物があった。
6月までボーフムと契約しているイ・チョンヨンがチームを移すには、移籍金が発生する。

イ・チョンヨン側はボーフムとの長い話し合いの末、自由契約身分を得ることに成功した。
もう移籍金なしでイ・チョンヨンは自由に他クラブへ移籍できる。
関係者によると、イ・チョンヨンは次の行き先にKリーグを選んだ。


スポンサーリンク
楽天





イ・チョンヨン、3日蔚山入り…ボーフムの移籍合意書さえ来ればOK
スポータルコリア

200302163808821.jpg


※一部要約

すでにイ・チョンヨンは2日、静かに帰国した。
同日、蔚山に詳しい関係者によると「イ・チョンヨンは3日に蔚山のクラブハウスを訪れる予定だ。メディカルテストを進め、細部の契約条件に合意してから契約書に最終的なサインをするだろう」と明かした。

蔚山のソ・テヒョン事務局長は"スポータルコリア"に「ボーフムから早ければ2日、3日明け方には移籍合意書が送られる」と語った。
移籍合意書さえ到着すれば、すべての手続が素早く行われる見通しだ。




イ・チョンヨン、蔚山移籍有力…11年ぶりにKリーグ復帰
NEWSIS




※一部要約

契約期間などの具体的な条件は明かされていないが、3年ほどになる見通しだ。

問題は違約金である。
最近、キ・ソンヨンがソウルに戻ろうとしたが、違約金のためスペインに方向を変えた。

イ・チョンヨンは2004年にFCソウルでプロデビューし、2009年にイングランド・プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズに入団してヨーロッパの舞台に進出した。

ボルトンが降格した後、2015年から2018年までクリスタル・パレスで活躍し、ドイツ2部リーグのボーフムに移籍した。

イ・チョンヨンは代表として2010南アフリカワールドカップと2014ブラジルワールドカップに出場し、Aマッチ89試合9ゴールを記録中である。

イ・チョンヨンはソウルと違約金を払うことで合意したことがわかった。
イ・チョンヨンの違約金は、キ・ソンヨンより少ない6億ウォンの線と伝えられた。


【関連記事】
韓国反応:Kリーグ復帰推進のキ・ソンヨン、古巣FCソウルの年俸8億ウォン+3年オファーに大失望
Kリーグ復帰霧散のキ・ソンヨンが意味深な警告文、行き先は米中に圧縮…全北が諦めた理由「良くない先例になる」
韓国メディア:水原に来たイニエスタ、ソウルを去ったキ・ソンヨン…スター選手に喉が渇いたKリーグファン



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...