[キム・テソクのサッカー一杯] 2020シーズンを控えたKリーグ、東南アジアクォーターは"ゼロ"
ベストイレブン




※一部要約

Kリーグの去年の2019シーズンで最も大きな変化は、いわゆる東南アジアクォーターだった。
ルアン・スアン・チュオン、グエン・コン・フオンらベトナムサッカー代表の核心スターが仁川ユナイテッドを通じてデビューし、国内はもちろんベトナム現地の多くのサッカーファンの関心を集め、シーズン中の去年4月にKリーグ理事会で電撃的に東南アジアクォーターを新設したことがあった。

当時、韓国プロサッカー連盟は「東南アジアクォーター制度は積極的な海外市場開拓による中継権、スポンサーシップ収益の創出を模索する次元」と導入の趣旨を説明したことがある。
単にプロ連盟主導の下で行われたものではなく、言及したように各クラブの代表者が集まった理事会での議論の末に導入された制度という点で、Kリーグの全構成員が同意したと見て差し支えない。

パク・ハンソベトナムサッカー代表監督の大成功のおかげで、以前は存在すら知らなかったベトナム選手の韓国内認知度が非常に高まったのはもちろん、2018FIFAロシアワールドカップで韓国A代表を率いたシン・テヨン監督のインドネシア司令塔選任などの様々な兆候を見ると、確実に韓国サッカーと東南アジアサッカーは急接近しているという感じを与える。
2020AFCタイU-23チャンピオンシップのとき、チョン・スンウォンらキム・ハクボム号のイケメンサッカースターが東南アジアでかなり人気があったという点も現地で確認した。
東南アジアでは明らかに"サッカー韓流"が存在する。

東南アジアのサッカーファンとメディアは、自国選手が東南アジアでは非常に高い評価を受けており、自国選手がKリーグやJリーグなどの自分たちより高いレベルを維持している北東アジアリーグに進出し、国威宣揚をするよう願っている。
例えばタイでは、ストライカーのチャナティップ・ソングラシンが所属するコンサドーレ札幌の認知度が非常に高く、横浜Fマリノス所属で日本Jリーグ1の優勝まで経験した左SBティーラトン・ブンマタンはかなり大きなスポットライトを浴びたりもした。
去年にKリーグが東南アジアクォーターを導入した背景的根拠は十分だということである。


スポンサーリンク
楽天





200210110609537a.jpg


にもかかわらず、2020シーズンのKリーグ開幕を控えた現在(※リーグ延期される前の記事)、この東南アジアクォーターを活用して選手を獲得したチームは、Kリーグ1とKリーグ2を合わせてわずか1チームも存在しない。
すでに何度も東南アジア出身選手を獲得したことのある仁川ユナイテッドは、2020シーズンの公開テストでフィリピン代表の核心DFアマニ・アギナルドの技量を綿密に調査したが、彼ですら不合格通知を下した状態だ。

すでに"アジアクォーター"が存在するにもかかわらず、東南アジアクォーターを新設したのには理由がある。
韓国選手と東南アジア選手の技量の差、あるいは他の外国籍選手と東南アジア選手の技量の差を考慮した決定だ。
技量的にアジアクォーターでも名刺を差し出せない東南アジア選手の現住所を考慮し、1チームあたり1人ずつのクォーターを付与して活用の余地を与えたのである。

潜在性を持つ東南アジア選手を連れてきて、Kリーグという大きな水の中で練習させて競争力のある選手に成長させようとしたわけだが、意図は良かったかもしれないが現実が伴わなかった。
限られた予算で1シーズンを運営しなければならない各クラブの条件的に、東南アジアクォーターは魅力的ではないからだ。

<フォックススポーツアジア>は最近、かなり興味深い記事を出した。
東南アジア地域を本拠地にしてかなり高い名声を得ているエージェントのアブドゥル・シュコルの言葉を借り、マレーシアのビッグクラブであるジョホール・ダルル・タクジムの核心FWサファウィ・ラシドの移籍金相場が200万ドル(約24億ウォン)に達すると伝えた。

国際プロサッカー選手の移籍サイトであるトランスファーマルクトでは33万ドル(約4億ウォン)と登録されているこの選手が、現地ではKリーグの相当なスター級選手の身代金と評価されているということだ。
ちなみにラシドの移籍金は現在、タイの看板であり東南アジア最高の身代金と評価されるソングラシンに匹敵するほどだという。

そのような状況になった理由は、現地プロサッカーリーグのクラブの成長ぶりが最大の要因である。
何チームかは賃金未払いをしているが、コ・スルギやチョン・ジェヨンらの事例からもわかるように、いくつかの東南アジアクラブは財政的力量ではKリーグクラブに絶対押されていない。
当然それだけ選手を高待遇し、身代金も上昇するほかない。
韓国ではよく東南アジアといえば"コスパ"を思い浮かべるが、他はともかくサッカー選手はそうじゃないということだ。

もしこの相場で取引することになれば、Kリーグクラブの中ではどのチームも関心を持つことができない。
同額ならむしろ他の外国人選手を探してみるか、地元産選手の獲得に注力するのが賢明に見える。
何より、東南アジア出身選手で活躍したのは1980年代のピヤポン・ピウオン以外にいない。
成功事例が極めて珍しい状況で、巨額を投じなければならないほど財布の紐を緩めるチームはいないだろう。

かといって若い選手を連れてきて育てるのも負担である。
インドネシアU-19代表のキャンプ地であるタイ・チェンマイを訪れたシン監督は、<ベストイレブン>との会った席で「基本テクから再び教えている。今やっている練習も初めてするものが多いだろう」と雰囲気を伝えた。
マレーシアリーグでプレーするカン・サンジョもやはり、<ベストイレブン>とのインタビューで「現地のユースシステムは劣悪だ。速くて個人技も良い。だが天性の才能はあるかもしれないが、基本テクが弱い」と語った。


200210110609537b.jpg


U-19レベルの選手はもうすぐ成人の舞台でのデビューを控えている資源である。
いくら未完成の才能だとしても、プロで生き残れる基本テクくらいは備えていなければならない年齢だ。
だが東南アジアの有望株はその準備ができていない。
同じU-19レベルであれば当然、韓国選手のほうに視線を転じるほかない。

Kリーグが東南アジアクォーターを導入した最大の背景の一つは、Jリーグの試みのためだろう。
Jリーグの外国人クォーターは獲得制限がないが、試合のエントリー登録選手は5人に限られる。
そこにタイ、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、シンガポール、インドネシア、カタール国籍の選手は外国人クォーターから除外される。
韓国より門戸はさらに広い。
東南アジア市場攻略への意志は、JリーグがKリーグよりさらに大きいと言える。

だがJリーグもやはり、現実と理想の乖離に置かれている。
2020シーズン開幕を控えた現時点で、18のJ1クラブで東南アジア選手のいるチームは4クラブしかない。
J2リーグでは1チームしかない。
日本のクラブもやはり、東南アジアを気軽に助けてはいないという意味である。
ソングラシンとブンマタンが過去2シーズンでかなり優れた活躍を見せたのに、そのような雰囲気なのだ。

整理するなら、東南アジア選手のための席を作ったといっても、東南アジア選手に魅力を感じているチームは多くないという意味である。
技量と潜在性への確信がない状態に、最近では身代金まで上がっているため、あるいは当然の現象だ。
なので現在わずか1人もいないKリーグの東南アジアクォーターが、2020シーズンに埋まる可能性はそれほど高いとは見られない。
以前よりは近づいたとしても、依然としてKリーグと東南アジアサッカーの距離は遠い。


200210110609537c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...