キ・ソンヨン、ヨーロッパで挑戦続ける…スペイン行き有力
エクスポーツニュース




※一部要約

国内復帰が不発となったキ・ソンヨンの行き先がスペインに決まった雰囲気だ。
キ・ソンヨンが再びヨーロッパで挑戦を続ける。

KBSは18日、「キ・ソンヨンは様々な海外クラブのラブコールを受けた。悩んだ末にスペイン行きを選んだ」と報じた。

キ・ソンヨンは先月末、ニューカッスル・ユナイテッドと相互間の契約を解除し、国内復帰を推進した。
だが元所属チームだったソウルとの交渉が決裂し、国内復帰が失敗に終わった。
ソウルの許諾なしでは他の国内クラブに移籍できないという契約により、海外に目を向けた。

英語圏であると同時に好環境のアメリカを選ぶ可能性もあったが、キ・ソンヨンはヨーロッパで挑戦を続けることを選んだ。
キ・ソンヨンを望んでいるチームはSBウエスカだ。
ウエスカは現在、スペイン2部リーグで4位になっている。
昇格直行圏の2位とは勝ち点差1に過ぎない。
ただし2位のレアル・サラゴサが2試合行っていない。


スポンサーリンク
楽天





[単独] "国内復帰霧散"キ・ソンヨン、スペイン行き確定…今週出国
KBS

200218111707487.jpg


※一部要約

キ・ソンヨンの海外移籍を推進してきたある側近はKBS取材陣と会い、実家チームのFCソウルとの交渉終了後、アメリカMSLをはじめとする複数の海外チームからラブコールを受けたキ・ソンヨンが、スペイン2部リーグ進出を決めたと明かした。

この側近は「キ・ソンヨンがスペインに方向を定めた。スペイン2部リーグのチームがキ・ソンヨンに、今シーズンの残り3ヶ月をプレーする短期契約を提示した」と明かした。

キ・ソンヨンがプレーすることになるチームはSDウエスカと確認された。
側近は「ウエスカの監督がキ・ソンヨンを積極的に望み、メディカルテストなどの手続きも必要なしに、すぐ合流することを願った」と付け加えた。

それに伴い、キ・ソンヨンは国内で済ませなければならない個人的な日程を終えて出国する予定だ。
早ければ明後日、遅くとも今週中にはスペインへ発ってチームに合流する予定である。




キ・ソンヨンの"スペイン2部リーグ"行き…岡崎慎司と同じ釜の飯?
マネートゥデイ

200218135201487.jpg


※一部要約

18日、サッカー界の内外によると、キ・ソンヨンはスペイン2部リーグに所属するSBウエスカと交渉を行っている。

キ・ソンヨンはウエスカ側と短期獲得の形式で移籍を推進していることがわかった。
もし移籍が実現すれば、イングランド・プレミアリーグ出身の日本人・岡崎慎司と同じ釜の飯を食べることになる。


【関連記事】
韓国反応:Kリーグ復帰推進のキ・ソンヨン、古巣FCソウルの年俸8億ウォン+3年オファーに大失望
Kリーグ復帰霧散のキ・ソンヨンが意味深な警告文、行き先は米中に圧縮…全北が諦めた理由「良くない先例になる」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...