全北モライス監督「横浜は良いチーム、興味深いゲームになるだろう」
スポーツ東亜




※一部要約

全北現代は12日午後7時、全州ワールドカップ競技場で去年のJリーグチャンピオンの横浜Fマリノスと2020AFCチャンピオンズリーグ1次戦を行う。

試合前の記者会見でモライス監督は「今年最初の試合でACLの試合に復帰することになって嬉しく思う。コロナウイルスで中国チームとの試合は行えないが、一日でも早く正常化することを期待している」と語った。

相手の横浜については「横浜は良いチームだと思うが、私たちも良いチームであり素晴らしいチームだと思っているので、興味深いゲームになると思う。初戦なのですべての情熱と、ファンの期待に応えられるように最善を尽くしたい」と伝えた。

最後にモライス監督は「チャンピオンになるためにはチャンピオンを倒していかなければならない。上海上港などは良いチームだがチャンピオンではない。精神力がより重要だと思う。トレブルについてはかなり難しいが、私たちが目標にできる最上のものである。最上の目標を立てること自体が楽しみ」とトレブルへの意欲をあらわした。


スポンサーリンク
楽天





"昨シーズン退場"モライス監督、横浜戦ベンチ着席不可…キム・サンシクコーチ指揮
STNスポーツ




※一部要約

全北現代は12日午後7時、全州ワールドカップ競技場で横浜マリノスとAFCチャンピオンズリーグ2020H組1次戦を行う。

2020シーズンを開く最初の試合である。
なので勝利を通じて幸先の良い出発をするという強い意志を見せている。

だが全北は司令塔なしでシーズン初戦を行わなければならない。
モライス監督は昨シーズン、上海上港とのACL16強2次戦で、過度な抗議によって審判から退場の命令を受けた。

それによって1試合出場停止の懲戒が発行されるモライス監督は、横浜戦でベンチに着席できない。

全北の関係者は「横浜戦はモライス監督が指揮できない。キム・サンシクコーチが席を埋めるだろう」として、「試合後の公式記者会見も同じ」と明かした。


【関連記事】
【ACL】横浜Fマリノスとの日産vs現代自動車の対決を浮き彫りにさせた全北、異例的に先発ラインナップを予告



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...