KFA「日-中に押された中継権収入…市場価値を発展させる」
フットボールリスト




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が用意した統合中継権(代表+Kリーグ)の交渉は事実上難しくなった。
だがKFA側は韓国市場の発展のために最低限の価値は守ると明かした。

当初、KFAは韓国プロサッカー連盟とともに、野心的な統合中継権の販売を推進した。
だが1・2次交渉のどちらも流札となり、最初に描いた構想通りには流れなかった。
結局、Kリーグ開幕を控えていた連盟は、KFAと分離して交渉を進めた。
連盟側は新たな中継放送会社を近く発表するものとみられる。

KFAも急なのは同じである。
5日、イ・ジョンソプ広報マーケティングチーム室長は「3月中にAマッチがある。中継権に関してずっと競技中だ。AFCパッケージのように長期間の試合数を保証する契約交渉を進めてきたが、接点を見つけるのが容易ではなかった。現在としては3月の試合を別個でパッケージ化するか、これまで通り交渉を継続するか、中継放送会社側と協議している。様々な方法をめぐって考えている」と伝えた。

韓国の中継権市場を守らなければならないという点も強調した。
イ室長は「協会の欲と考えることもできる。だが国内の中継権市場が形成されてなければ、結局はグローバル的にも韓国市場は弱くなる」と語った。

続けてイ室長は「AFC中継権に関する収入源だけ見ても日本や中東のほうが良い。中国も急浮上したしオーストラリアが上がってきている。もう私たちはさらに後ろへ押された。国際市場でも韓国の市場価値の重要性がますます落ちている。最低限の価値は守らなければならないと思う。守って発展させようという私たちの意志と、放送会社との間の接点を見つけるのが鍵」と現状を説明した。


スポンサーリンク
楽天





他スポーツは羨ましいばかりのプロ野球中継放送権"年平均760億↑"
MKスポーツ




※一部要約

プロ野球が中継放送権だけで年平均760億ウォン以上の収益を稼ぐ。
危機に陥ったと言っても、プロ野球のスポーツコンテンツの価値は"圧倒的1位"だった。
中継権料の交渉すらまともにしにくい他スポーツにとっては1から10まで羨ましいばかりの風景だ。

去年12月18日のMKスポーツの単独報道で伝えられた地上波3社(KBS・MBC・SBS)のプロ野球テレビ中継権の延長は、超大当たり契約で帰結した。
韓国野球委員会(KBO)は3日、地上波3社と4年合計2160億ウォン(年平均540億ウォン)で中継放送権契約を結んだ。

地上波3社は今回の契約により、2020年から2023年までの4年間でKBOリーグの試合を直接放送できる権利とともに、ケーブルおよびIPTV有料チャンネルの事業者に中継放送権を再販できる権利、動画取材権および報道権を保有することになる。

頻繁な事件・事故やレベルの落ちる技量で800万観客が失敗に終わって赤信号が灯ったが、依然として金の卵を産むガチョウである。

広告市場の縮小で厳しくても、忠誠心が高く吸入力の強いプロ野球に関心を表明した"チャンネル"は数多くあった。
競争は中継権料の上昇に繋がるものだ。
そして歴代国内プロスポーツ中継権契約の最大規模でサインした。

他スポーツでは既存の中継権契約が満了するたびに戦々恐々とするものである。
新契約を結ぶのは夢のまた夢だ。
プロバスケは中継権契約が破棄されたりもした。
MBCスポーツ+は契約期間の5年を満たすこともできずに3シーズンで返上した。

2018ロシアワールドカップと2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会以降に熱風が吹いたサッカーも変わらない。

大韓サッカー協会は"サッカー代表-Kリーグ統合中継権"を推進したが、2次入札までに最低オファー金額である年平均250億ウォン以上を出すところはなかった。
プロ野球と3倍以上の差だったにもかかわらず、放送会社は難色を示した。

統合中継権交渉は結局決裂した。
JTBCとKリーグ中継権交渉を先に終えた後、サッカー代表の中継権交渉は別個で進める。
ニューメディア市場の開拓も道程は遠い。




4年2160億ウォン…"恐竜の卵"になったKBOリーグの中継権市場
韓国日報




※一部要約

去年2月に通信・ポータルコンソーシアムと結んだ5年間1100億ウォンの有無線(ニューメディア)中継権を合わせれば、KBOは中継権だけで年平均760億ウォンに達する収入を得ることになった。
中継権料は10球団に分配される。

プロ野球元年の1982年は3億ウォンに満たなかった中継権料は、2000年代に入って年間50億ウォン水準に上がった。
そしてニューメディア中継権を分けて売り始めた2010年に200億ウォン、2015年に400億ウォン以上に暴騰した。
4年で再び700億ウォンを越える"恐竜の卵"になったKBOリーグの中継権市場は、他種目と比較しても独歩的である。

それだけプロ野球中継は、放送会社にとって"保険"のようなコンテンツだ。
最近は観客減少で人気がやや落ちたとしても、安定した視聴率を担保するスポーツで野球ほどの種目はないという判断である。
月曜日を除いて毎日5試合ずつ行われるプロスポーツは野球が唯一だ。
そこで派生する様々な広告効果を享受できる。
プロ野球団を保有する企業が赤字を甘受して野球団を運営するように、放送会社も凄まじい中継権料を支払って市場に飛び込む理由である。


【関連記事】
韓国メディア:タイリーグの中継権料が777億ウォンなのにKリーグはせいぜい60億?
韓国メディア:市場は冷ややかだった…KFA統合中継権流札でKリーグ中継権の優先交渉者にJTBC選定
韓国記者:代表Aマッチ+Kリーグ中継権の抱き合わせ販売はなぜ失敗に終わったのか



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...