蔚山キム・ドフン監督「韓日戦は常に内容・結果を持ってこなければ」
NEWSIS




※一部要約

FC東京との韓日戦で新シーズンを始める蔚山現代のキム・ドフン監督が「韓日戦は常に内容と結果をどちらも持ってこなければならない」と必勝の意志をあらわした。

キム監督は10日、蔚山文殊サッカー競技場でで行われた2020AFCチャンピオンズリーグF組1次戦の公式記者会見に参加してこう語った。

蔚山は11日午後7時30分、同会場で東京とF組1次戦を行う。
蔚山の2020年最初の公式戦だ。

Kリーグとアジアの同時制覇を狙う蔚山は、冬の間に充実した補強で戦力を強化した。
昨シーズンのKリーグ1MVPのキム・ボギョンと検証された外国人選手ミックスを逃したが、ユン・ビッカラムやコ・ミョンジン、チョン・スンヒョンらで心残りを慰めた。
日本の戻った主戦GKキム・スンギュの空席は、もう1人の代表GKチョ・ヒョヌが担う。

キム監督は「選手はかなり変わったが、組織的な部分にかなり気を使った」として、「主将のシン・ジンホをはじめとして、一つのチームとして準備する過程が非常に良かった。新たに入ってきた選手との調和も楽しみだ」と伝えた。

続けて「私たちは常にチャンピオンズリーグ、Kリーグ、FAカップ有報のために準備をするチームだ。選手と全スタッフが去年より良い結果を出すために努力している」として、「去年の心残りを挽回する」と覚悟を固めた。

キム監督は、東京戦が韓日戦でありシーズン初戦であるだけに、絶対に勝利で報いると誓った。

「ホームでする試合なので、良い結果で良いシーズンを始めたい」というキム監督は、「東京は力とスピードのある選手がカウンターサッカーをすることを知っている。私たちもそれに劣らず、自分たちだけの戦術で良い試合をする。私たちの選手全員を信じている。すべての選手が必勝カード」と選手団への強い信頼をあらわした。


スポンサーリンク
楽天





蔚山シン・ジンホ「高萩との対決は楽しみだが勝利は私たちのもの」 [GOAL LIVE]
ゴールドットコム




※一部要約

今回対決を繰り広げる東京は、昨シーズンにJリーグ準優勝を占めた強豪である。
東京には馴染みの選手が多い。
韓国代表FWナ・サンホや、過去にFCソウルで活躍した高萩洋次郎が所属している。

主将のシン・ジンホは「例年よりシーズンが早く始まる。だが選手は準備が良かった。初戦で良い結果を出せるようにする」と2020年の初戦を控えた所感を明かした。

彼は2016年にFCソウルでプレーしていたが、ともに手足を合わせていた高萩との対決を期待した。
シン・ジンホは「高萩選手は何より誠実で頭の良い選手だ。私が浦項にいたときも、広島でプレーしていた彼と対決した。常に予想できないプレーを繰り広げる」と述べた。
続けて「ソウルで一緒にやって、さらに良い選手だと感じた。久しぶりに会うので期待は大きい」と笑みを浮かべた。

シン・ジンホは「実は昨日も連絡したが、競技場では親交は別物だ。お互い無条件に勝つと言った。だが絶対に私たちが勝つようにする」と強い覚悟をあらわした。





蔚山はACLでJリーグチームに良い姿を見せてきたため、勝利に強い自信をあらわした。
キム・ドフン監督は「韓日戦は緊張するが、常に自信を持って良い結果を持ってこなければならない」と語った。
蔚山は最近の2シーズンで川崎フロンターレと浦和レッズを相手に、合計3勝2分け1敗をおさめた。
東京とは2012年のGLで会ったことがあるが、1勝1分けで蔚山がやや優勢である。


by カエレバ

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...