[単独] キ・ソンヨンすでに帰国、イ・チョンヨンもKリーグ復帰推進
KBS




※一部要約

1日、イングランド・プロサッカー・プレミアリーグのニューカッスルと双方合意で契約を終わらせたキ・ソンヨンが、Kリーグ復帰を打診している。
ニューカッスルを去ったキ・ソンヨンが国内復帰を最も希望しているという英国現地メディアの報道が出て、Kリーグチームの中で全北が交渉を進めているという国内報道がこれを後押しした。

KBSの取材結果、キ・ソンヨンは3日に帰国した。
サッカー界の複数の関係者とキ・ソンヨン側によると、去年末からニューカッスルの許可を得て新チームを探してきたキ・ソンヨンは、これまで中東・中国・アメリカの舞台への移籍を悩んできたことがわかった。

2年前からキ・ソンヨンに巨額年俸を提示し、積極的な獲得の意志を見せてきた中国スーパーリーグ。
そして中東ではサウジアラビアのアル・ナスルがキ・ソンヨンに強力なラブコールを送ってきたことがわかった。
しかし、サッカー選手としての人生と家族との将来を考慮し、国内復帰に方向を変えたという。

そんな中でキ・ソンヨンとFCソウルでともにプレーし、"双龍"と呼ばれたイ・チョンヨンもKリーグ復帰を推進していることがわかり、国内ファンの期待感を高めている。

今夏にボーフムとの契約期間が終わるイ・チョンヨンもやはり、去年末から新チームを探しているところだった。
海外現地エージェントを通じて中東カタールリーグや、中国スーパーリーグの方で移籍を推進していたイ・チョンヨンが、新たな方向を定めたところはKリーグの蔚山。
イ・チョンヨン移籍説が出回り、蔚山は団長次元で積極的な協議に入ったことが取材の結果確認された。


スポンサーリンク
楽天





蔚山戦力強化部長、「イ・チョンヨン、国内復帰を望めば獲得の意志ある」
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ソンウ蔚山戦力強化部長は5日、"スポータルコリア"との電話インタビューで「クラブはサイドをさらに補強しなければならないと考え、悩んでいる。イ・チョンヨン選手に関心があるのは事実だ。1年半前から見守ってきた。検証された選手」と明かした。

続けて「イ・チョンヨン選手はボーフムと6月に契約が終わる。問題はすぐには連れてこられない。状況が作られないといけない。ボーフムは良くない(成績)。なので送り出すかは未知数だ。クラブと上手く解決しなければならない」として、「それでも契約が5ヶ月も残ってない選手に移籍金を払って連れてくるのは負担が大きい。互いに関心はあるが、慎重だ。選手本人が国内に来ることを望めば、私たちも獲得する意志があるのは明らか」という立場をあらわした。







双龍のKリーグ復帰説、"優先交渉権"FCソウル「私たちも獲得の意志ある」
スポーツ朝鮮




※一部要約

"双龍"のKリーグ復帰説。
ファンは一つ疑問を提起した。
実家チームのFCソウルの動きである。
両選手はどちらもソウルのユニフォームを着てプロの舞台にデビューした。
その後、ヨーロッパ進出にも成功した。
ソウルはイ・チョンヨンとキ・ソンヨンをヨーロッパに送るとき、"Kリーグ復帰時に優先交渉権を持つ"という条項を入れた。
両選手のKリーグの新チームとして、他クラブの話が出てきている。
ファンの頭に疑問符がついたのだ。

カン・ミョンウォンソウル団長は慎重に口を開いた。
カン団長は「ソウルが両選手への優先交渉権を持っているのは合っている。私たちも両選手について獲得の意志がある。キ・ソンヨンとはお互い静かに交感がある。キ・ソンヨンが別のチームに行くとは考えていない。ただし、イ・チョンヨンはボーフム側との問題を解決しなければならない」と語った。
イ・チョンヨンは2020年6月まで契約している状態。
ボーフムは現在降格圏に留まっている。
ボーフムが"核心"イ・チョンヨンを簡単には放さない理由である。

ソウルは2015年、ヨーロッパでプレーしていたパク・チュヨンを再び懐に抱えた。
パク・チュヨンの事例とともに、イ・チョンヨンとキ・ソンヨンの復帰も描いている。
カン団長は「私たちには選手獲得の意志がある。もちろん選択は選手の役割になり得る」と付け加えた。




"キ・ソンヨン獲得説"全北、「選手側から交渉オファーをしたのは事実…違約金条項が存在」
STNスポーツ




※一部要約

全北の関係者は5日、STNスポーツとの通話に「キ・ソンヨン側から私たちに交渉を先にオファーしたのは事実」と語り始めた。

それとともに「キ・ソンヨンがKリーグに復帰するとき、ソウルではない別のチームに移籍すれば、違約金が発生することがわかっている。その金額が相当なものだと把握した。その部分が解決されなければ、全北にとってもかなり負担になる」と、解決すべき問題があると明かした。

続けて「獲得できるというほどの状況ではない。さらに見守らなければならない」と、どれも確定した部分はないと語った。

AFCチャンピオンズリーグの選手登録が数時間も残っていない状況だ。
再登録は8強トーナメントの開始前である。
そのような理由で、キ・ソンヨンをACLグループ予選と16強戦に活用できない可能性が高まった状況に、違約金まで解決するにはリスクが大きいと判断したものとみられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...