"ファン・ウィジョフルタイム"ボルドー、マルセイユと0-0の引き分け
OSEN




※一部要約

ファン・ウィジョがフルタイムを消化したが、ゴールは味わえなかった。

ボルドーは3日明け方、フランス・ボルドーで行われた"2019-2020フランス・リーグアン22ラウンド"でマルセイユと0-0で引き分けた。
勝ち点30のボルドーはリーグ10位に上がった。

ファン・ウィジョは左ウイングで先発出場した。
ファン・ウィジョは日本のSB酒井宏樹と一貫して対決を繰り広げた。

後半45分にドリブルを仕掛けたファン・ウィジョが倒れてFKを誘ったが、ファールは宣言されなかった。
結局、ファン・ウィジョは惜しくもゴールを狩ることができなかった。


スポンサーリンク
楽天





"マルセイユ戦フルタイム"ファン・ウィジョ、低調な評点6.4
OSEN




※一部要約

試合後、"フースコアードドットコム"はファン・ウィジョに評点6.4を与えた。
ボルドーのベスト11の中で最前方のブリアン(6.1)とウダン(6.3)に次ぐ低調な評価だった。




[リーグアンPOINT] ウイングバックのようにプレーしたファン・ウィジョ、過度な守備負担で鋭さだけが落ちる
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョの席は相変わらず左ウイングFWだった。
ボルドーに移籍してからずっとウイングの役割を注文されているファン・ウィジョは、この日の試合でも多くの守備加担で体力を減らした。
マルセイユのSB酒井宏樹とウインガーのサールのサイド攻撃を防ぐため、忙しく動いて守備の任務に重点を置いた。

問題は、守備の負担が増えてファン・ウィジョの攻撃の影響力が落ちているという点だ。
前半に変則的な動きで一度シュートチャンスが生まれたりはしたが、その後はシュートチャンスを掴めなかった。
チャンスを作ったのも、ファン・ウィジョが瞬間的に中央へ入って背後のスペースを狙う、自分が得意とするプレーを出したからである。
その後はそのようなシーンを作れなかった。

ソウザ監督は試合中ずっと、ファン・ウィジョの起用については同じ基調を維持した。
この日に振るわなかったストライカーのジミー・ブリアンのポジションも固定させ、攻撃に影響を与えることができなかった。
後半には機動性も落ちて攻撃がさらに鈍ったが、変化はなかった。

この日、3試合連続でフルタイムを消化したファン・ウィジョだ。
だがこのような体制では、ファン・ウィジョの長所を活かせないという点だけを再確認したマルセイユ戦だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...