[現場インタビュー] 全北の核心に急浮上の邦本「記録より記憶される選手」
スポーツ朝鮮




※一部要約

全北は2020年シーズンに、勝負手として邦本宜裕を連れてきた。
少なくない移籍金を払った。

全北の2019年は茨の道だった。
いつも通りKリーグ、FAカップ、アジアチャンピオンズリーグ優勝(トレブル)を目標にした。

だが時間が経ち、目標にする大会から一つずつ落ちていった。
4月、FAカップでKリーグ2のFC安養にホームで0対1で敗れた。
6月、上海上港とのACL16強2次戦にPK戦で敗れた。
残ったのはKリーグだけだった。
困難の連続だった。
結局、12月の初日に江原を退け、同時間に首位の蔚山が浦項に敗れた。
全北は辛うじて優勝カップを掲げた

自尊心に傷を負った全北は、アジアクォーターに早くから邦本に目をつけた。
セカンドストライカーはもちろん中央MF、左右のサイドMFとしてプレーできる邦本は、個人技術ではKリーグ最高級と評価された。

ジョゼ・モライス全北監督は、スペイン・マルベリャのキャンプで邦本に攻撃の起点の役割を任せた。
中盤でパスを散らし、直接シュートも飛ばした。
同時に、相手が攻撃するときは1次阻止線の役割も遂行した。
全北の核心に浮上した邦本にマルベリャで会った。


スポンサーリンク
楽天








実際、邦本には選択肢が多かった。
2019年が終わった後、ドイツ2部リーグチームのラブコールが列を成した。
そして全北へ行くことに決めた。
全北が韓国最強のチームだったからだ。

「韓国で最も強いチームで、私がどれだけできるかテストしてみたかった。そして慶南にいたときとは違う、新たな自分の姿をファンに見せたかった」

優勝への熱望も理由だった。

「優勝。もちろんです。レベルの高い選手と一緒にプレーしてみたかった。ACLやKリーグ、FAカップのすべて優勝してみたいです。Kリーグで優勝すれば4シーズン連続優勝というタイトルができるので。ACLとFAカップもやはり優勝したいです」

邦本は日本人だ。
韓国サッカー界には日本選手、特に日本人MFに対する偏見がある。
ボールはキレイに蹴るが、その分おとなしい傾向があるということ。
だが邦本は違う。
攻撃時にはキレイにボールを蹴る。
そこで終わらない。
猪突性と積極性を兼ね備えている。
邦本のこのような指向は、父親の邦本タダアキのおかげだ。
大学時までサッカー選手としていたタダアキ氏は、腰の負傷でJリーグ発足の1年前にサッカー人生を畳んだ。
指導者に転向した。
邦本が小学生のとき、サッカーチームのコーチが彼の父親だった。

「現在コーチをしている、選手出身の父親に大きな影響を受けました。DFとの争いで負けないなど、強い姿勢がプロに行けば重要だという話をよく聞きましたが、その影響がすごく大きかったです」

全北の"日本選手"として邦本は、ACLで2019年のJリーグ最強チームである横浜マリノスを相手にする。

「横浜との試合を最も期待しています。まずACLの初戦であることに加え、ホーム試合です。初戦に勝てば次の試合も上手く解けそうです」

邦本は言葉を続けた。

「去年より今年のACLがもっと重要です。日本人だが韓国でプレーしています。日本のチームを相手に、より良い姿を見せたいです」

邦本は1997年生まれである。
プロ選手としては序盤だ。
まだプレーした時間より、プレーする時間のほうが長い。
そんな邦本に、どういう選手として記憶されたいのか聞いた。
悩んだ。
そして一言残した。
記録よりは記憶だった。

「得点やアシストを多くして、何か記録を残す選手も良いですね。でもその記録を残すことより、ファンの頭の中で記憶に残る選手になりたいです」





【関連記事】
韓国メディア:慶南FCの邦本宜裕の父親「息子の友人はヤクザじゃない(笑)」「難しいが日本代表になってほしい」
邦本宜裕「五輪は夢だが今は全北が優先」…通訳を手助けするキム・ミンヒョクは「Jリーグ時代から知り合い」
全北入団の邦本宜裕「若い頃は悪さをしても間違ってるとは思えなかった」…自分のルーツについても説明


人生を変える記録の力

メンタリストDaiGo 実務教育出版 2019年09月19日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...