キム・ハクボム号、東京オリンピックで金メダル獲得?
デイリアン




※一部要約

全勝でアジアを制覇したキム・ハクボム号が、東京オリンピック男子サッカーで金メダルを取るという予想が出て注目を集めている。

アメリカのスポーツデータ業者グレースノートが先週発表した2020東京オリンピックメダル予想によると、我が国は金メダル9個と銀メダル11個、銅メダル6個を取り、金メダル数の基準で総合10位になると予想された。

特に、最近終わったAFC U-23チャンピオンシップ決勝戦でサウジアラビアを退けて優勝した韓国が、エクアドルとベネズエラを2位と3位に押し退けて金メダルを取ると予想された。

破格的なローテーションを使っても優勝したキム・ハクボム号は、ワイルドカード3枚に同年代選手のイ・ガンインやペク・スンホらが合流すれば、戦力がさらに強まると期待を集めている。

ただし、今回の予想では、現在進行中の南米地区予選でエクアドルとベネズエラが脱落する結果を反映できなかった。

オリンピック本戦進出が確定した後にアップデートされた分析が出ても、韓国がずっと金メダルを取ると評価されるのか関心が集まっている。


スポンサーリンク
楽天





[U-23記者会見] "もうオリンピック"キム・ハクボム監督、「日本より上にいたい」
インターフットボール




※一部要約

キム・ハクボム監督がオリンピックの青写真を明かした。
キム・ハクボムは日本で行われる大会であるだけに、日本より高い成績をおさめることを約束した。

U-23チャンピオンシップ優勝の資格で、7月に日本で行われる東京オリンピックの出場について「監督はどの試合に出ても逃げてはいけないと思う。選手にもそう注文する。今回の試合も同じように、私は選手を信じ、選手はコーチングスタッフを信じたので、このような結果をもたらした」として、「オリンピックも変わらない。年代別の大会は私たちが十分挑戦に値すると考え、日本で行われる大会なら韓国にホームのメリットがあると思う。日本で行われる大会なので、日本よりは上にいたい」と抱負を明かした。





今後のロードマップについては「選手を招集するのは3月、6月、大会一ヶ月前と計画されている。3月と6月は評価試合を計画している。協会でずっと準備して推進している。細部的な準備が行われているので、評価試合に選手を招集して試合ができるだろう。大会一ヶ月前には練習計画を立てている。日本と最も似た環境で練習しようとしている」と語った。


by カエレバ

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...