"大田シチズン選手不正選抜の容疑"コ・ジョンス元監督起訴
聯合ニュース




※一部要約

プロサッカーK2リーグの大田シチズンのコ・ジョンス元監督が、選手選抜の決定で不法介入した容疑で裁判に渡された。

大田地検は30日、業務妨害などの容疑でコ元監督とキム・ジョンチョン大田市議会議長を起訴したと明かした。

コ元監督は2018年12月頃、キム議長から知人の息子の選抜の要請を受け、プロ選手の資質が足りない知人の息子を合格者リストに含めた容疑を受けている。





スポンサーリンク
楽天





"選手選抜不正介入"大田シチズンのコ・ジョンス元監督起訴
アジア経済




※一部要約

キム議長はコ元監督と大韓サッカー協会の登録仲介人であるA氏に「選手団の予算の不足分を追加予算で編成する」として、このような要請をしたことが調査でわかった。
請託の代価として、選手の父親から賄賂も受け取ったと検察は見ている。




検察、大田シチズン不正選手選抜介入のキム・ジョンチョン大田市議長を起訴
韓国日報




※一部要約

検察によると、キム議長は2018年12月に懇意の軍人B氏から、自分の息子を大田シチズンの2019年選手選抜公開テストに合格させてほしいという請託を受け、コ監督と仲介人A氏にB氏の息子を選抜するよう要求したという容疑である。

キム議長はこの過程でB氏から洋酒や接待などの賄賂を収受し、B氏に自分の知人が軍部隊のフットサル場設置事業を受注できるようにしてほしいと要求したと、検察は説明した。

コ監督と仲介人A氏はキム議長の要求を受け、プロ選手の資質が足りないB氏の息子と知人から頼まれた選手2人らの3人を合格者リストに追加、合格させた容疑である。

軍人身分のB氏は賄賂提供などの容疑で軍検察の捜査を受けている。

検察は「今後も公正な競争に対する信頼を裏切る不正犯罪者について、積極的に対処していく」と明かした。


日本の裁判がわかる本

ベリーベスト法律事務所/カプコン 日本文芸社 2018年11月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...