オ・ジャンウン、FC東京とユースチームのコーチ契約…指導者として新たな出発
スポータルコリア




※一部要約

プロとして19年活躍したオ・ジャンウンが、指導者として新たな出発をする。

オ・ジャンウンは最近、JリーグFC東京のユースチームのコーチとして契約を終え、新たな出発を準備している。
彼はFC東京で低学年チームとジュニアユースチームのコーチを引き受け、選手を指導する。
それだけでなく、東京に住む韓国人のためのサッカープログラムを企画し、様々な活動をする計画だ。

オ・ジャンウンにとってFC東京は特別な意味のあるチームである。
2002年、15歳のオ・ジャンウンにプロ入団のオファーをしたチームがFC東京だからだ。
チーム初の韓国人選手だったオ・ジャンウンは4年余りの期間、FC東京のユニフォームを着て活躍した。
その後Kリーグの大邸、蔚山、水原など、プロで合計19年間の選手生活をして、去年7月に現役生活を終えた。


スポンサーリンク
楽天





それから指導者になるための準備をしてきたオ・ジャンウンは、自分のプロデビューチームだったFC東京で指導者生活の始まりを知らせ、プロデビューに続いて指導者としての第一歩を踏み出すことになった。

オ・ジャンウンは「FC東京は私にとって特別な意味のあるチームだ。プロデビューに続いて、指導者でもここから始まることになって嬉しい。チャンスを与えてくれたチームにも感謝する。ユースチームのコーチから始め、指導者として少しずつ成長したい」と所感を明かした。

続けて、日本で指導者を始める理由については「去年引退してからFC東京に来て、ユースシステムを見て多くのことを理解した。低学年から高学年に上がるほど、経験豊富な指導者の役割が重要だと感じた」として、「多くのことを見習って、サッカー的な部分だけでなくシステムなど色々と勉強して発展したい」と語った。

FC東京と契約を終えたオ・ジャンウンは、3月に東京へ渡って本格的な指導者生活を始める。


【関連記事】
韓国メディア:15年経ってもFC東京がオ・ジャンウンを覚えている理由
韓国メディア:オ・ジャンウン引退…FC東京時代のコーチだった長澤徹氏が弟子の前途に拍手
指導者になる準備をするオ・ジャンウンが日本に挨拶回り…「J1からJ3まで見て回って勉強できた」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...