イ・ドンギョンの劇的FKゴール、中タックル「ハリウッドアクションの疑い」
スターニュース




※一部要約

中国の新浪スポーツは20日、「韓国のハリウッドアクションが疑われる。ヨルダン選手は顔を隠して泣いた」と伝えた。

キム・ハクボム監督が率いる韓国U-23サッカー代表は19日、ヨルダンとの2020AFC U-23チャンピオンシップ(東京オリンピック最終予選)8強戦に2-1で勝利した。

劇的な勝負が演出された。
後半追加時間4分、1-1の状況でイ・ドンギョンがペナルティアーク付近で得たFKのチャンスで、幻想的な左足ゴールを炸裂させた。

だが中国メディアはFKを得る過程で問題点を提起した。
新浪スポーツは「韓国はハリウッドアクションでFKを得た。ヨルダン選手は判定に不満を提起したが、審判は判定を覆さなかった。そうして韓国の勝利で終わった」と指摘した。

それとともに「もし試合が延長に入っていれば、何が起きたかわからない。ヨルダンにとってはあまりに惜しい結果であり、一部の選手はユニフォームで顔を隠して泣いた。観客席では韓国の女性ファンが涙を流して喜んだ」と伝えた。


スポンサーリンク
楽天





"早期脱落"中メディアの面白い計算法、「結果で見れば私たちはヨルダンと同等-UAEより強い」
OSEN




※一部要約

奇跡の数学家。
中国メディアがGLの結果を基に、自国のU-23代表が低評価されていると主張した。

中国"捜狐ドットコム"は20日、「早期脱落したが韓国とウズベキスタンを相手にした試合だけを見ると、私たちのU-23代表はヨルダンと同等であり、UAEよりは強い」と報じた。

中国は2020AFC U-23チャンピオンシップC組で、1ゴールも決められずに3戦全敗で脱落した。
当初から中国を含めて韓国-ウズベク-イランが入った死の組と評価されていたので、おかしくはない結果。

C組1・2位を分け合った韓国はヨルダン(2-1勝)、ウズベクはUAE(5-1勝)を制圧して4強に合流した。
そのような結果に、中国メディアは自国代表が弱いわけではないと分析した。

捜狐ドットコムは「GL3戦全敗で脱落した後、中国U-23代表は多くの批判を受けた。彼らは帰国後に反省文を提出したりもした。だが8強戦の結果だけを見れば、批判は間違っているようだ」と指摘した。

8強戦の結果について捜狐ドットコムは「ヨルダンは韓国に1ゴール差で負けた。これは中国と同じである。それは中国のレベルがヨルダンと同じくらいだということを示している」と主張した。

続けて「さらにUAEはウズベク相手に5ゴールも許した。2ゴールしか許さなかった中国は、UAEよりはるかに強大だということだ。私たちは運がなかっただけであり、他のグループであれば8強に行っていただろう」と付け加えた。

奇跡の計算法を見せてくれた捜狐ドットコムは「中国U-23の不運は、2002韓日ワールドカップのとき中国成人代表がブラジル(優勝)-トルコ(3位)と同組に入ったことを思い出させる。今回も同じように韓国-ウズベクが結晶に進出する可能性が高い」と強調した。

捜狐ドットコムは「韓国-ウズベクに負けたことは恥ずかしい結果ではない。私たちの選手は非難の言葉に動揺することなく、継続して発展してほしい」と声を高めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...