8強挫折の西野タイ監督「私たちには未来がある」
ニュース1




※一部要約

史上初のオリンピック進出に挑戦したタイが8強でサウジアラビアに惜敗、次に期することになった。
チームの首長である日本の指導者西野朗監督は「私たちには未来がある」と所感を明かした。

西野監督が率いるタイU-23代表は18日午後、タイ・バンコクのタマサート競技場で行われたAFC U-23チャンピオンシップ(オリンピックアジア地区最終予選)のサウジアラビアとの8強戦に0-1で惜敗した。

この日の試合ではタイ現地メディアだけでなく、日本取材陣の姿もあちこちで見ることができた。
西野監督は日本代表出身で、今大会ではベトナム(※タイの間違い)の史上初の8強進出を導いた。
それとは逆に森保一監督が率いる日本U-23代表は、GLで拙戦の末に1分け2敗で早期脱落して監督交代説まで出ている状況だ。

試合後に西野監督は「前半の序盤は良かった。だがその後の試合内容は満足できなかった」とした。
審判の判定には何も言わなかった。

彼は「選手がさらに挑戦し、発展するように願う」として、「この年代の多くの選手はまだ国際大会の経験がなかった。だが彼らにはさらに発展し、経験する未来がある」と激励した。
続けて「タイには未来がある。迫るアジア大会、ひいては2026年のワールドカップを見て準備しなければならない」と付け加えた。

タイ現地のファンは西野監督に絶対的な支持を送った。
あちこちで日章旗を持って応援するファンの姿が見え、日本代表のユニフォームを着て競技場に入るファンもいた。

敗れはしたが、試合後にタイのファンは"西野"を連呼し、西野監督への応援を止めなかった。


スポンサーリンク
楽天





"バンコクが揺れる"タイ初のオリンピック挑戦…大会史上初の8強で締めくくり
ニュース1




※一部要約

タイ現地では今大会への関心が比較的低かった。
競技場の近くに行って初めて大会を紹介する垂れ幕がかかっているだけで、実際に大会での空席が興行の尺度の代わりをしていた。
さらにはタイのGLの試合でも、空席を簡単に見つけることができるほどだった。

だがこの日だけは違った。
2万5000人収容のタマサート・スタジアムは足の踏み場もなかった。
タイのサッカーファンは通路に座って応援するほどいっぱいになって応援した。

タイのファンはタイ代表選手と西野監督への支持を送った。
試合は終わったがファンは競技場を去らず、彼らに挨拶する西野監督と選手を応援した。

競技場で会ったあるタイのファンは「西野監督就任後に最高の姿を見せた。強いチーム相手にも押されない姿を見せたので、今後への期待がさらに大きい」と語った。




西野タイ脱落に激怒した日、「主審、VAR映像も見ずに放棄」
OSEN




※一部要約

試合後に"スポニチアネックス"は「西野タイはよく戦ったが敗れ、52年ぶりのオリンピック行きに挫折した。史上初のトーナメントの舞台で、釈然としない判定に泣いた」と報じた。

"スポニチアネックス"は「主審は最初はFKを宣言したが、VARルームのアドバイスでPKに変更した。この過程で主審は直接映像を確認することもなかった。西野監督の抗議にもまったく反応しなかった」と指摘した。

先に日本も16日に行われたGL3次戦のカタールとの試合でVARによってPKを許し、掴んできた勝利を逃したことがあった。

日本ネチズンは自国代表とタイがVARで被害を受けたと悔しさをぶちまけた。
ある日本ネチズンは「主審が自分で判断せず、VARにあらゆることを頼った。少なくとも映像で確認する素振りはしろ。でなければ存在意義の放棄だ」と主張した。

別の日本ネチズンもやはり「公平な判定のためにVARは必要だ。だが主審の能力が追いついていないようだ」や、「そのようなシーンで主審は少なくとも確認するべきだった。FIFAはこの誤審に答えてほしい。誤審がまったあってはあらない」と指摘した。




VARの末にPKを許してオリンピック挫折…タイメディア「審判のせいで負けた」
ニュース1




※一部要約

タイのファンは当初、FKを宣言すると雷のような叫び声を送ったが、PKに訂正されると主審に激しいブーイングを送った。

試合後に会ったあるタイのサッカーファンは「主審がこの日の試合を滅ぼした。PK宣言で良かった流れを逃した」と語った。

現地メディアも力添えした。
タイ"サイアムスポーツ"は19日、主審とサウジ選手が話して笑みを浮かべる写真を掲載して「PKの判定だけじゃない。この日の主審はタイ代表選手には簡単にイエローカードを与えたが、サウジにはわずか1枚もイエローカードを与えなかった(※正確には96分に1枚与えている)」と批判した。

PKの状況についても不満をあらわした。
このメディアは「ファンも謎めいた判断を見守った。この判定でよく戦ったタイは結局、サウジに敗れることになった」と明かした。

タイのライバルであるベトナムメディアも、タイの試合結果を伝えて「VARがタイのオリンピックの夢を挫折させた」として、「審判が紛らわしい決定を下した」とした。

中国"新浪スポーツ"もやはり「VARが新たな歴史に挑戦していたタイのオリンピックの夢を挫折させた」として、「この日のタイはサウジにあまりチャンスを与えないなど、発展した姿を見せた」と伝えた。

タイのファンは試合終了後、主審と副審が退場する途中にものすごいブーイングを浴びせたのに続き、アル・カフ主審のSNSアカウントに「二度とホイッスルを手にしてはならない。サウジは彼にオイルマネーをばら撒いた」と激しい攻撃を注いだ。
結局、アル・カフ主審はSNSアカウントを非公開に切り替えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...