日、オリンピックサッカーのため"伝説の1軍"を3月から構成
MKスポーツ




※一部要約

日本サッカー協会がアジアU-23チャンピオンシップのGL脱落で大きな衝撃を受けた。
開催国で臨む2020東京オリンピック成功のために成人代表の評価試合まで利用し、別名"伝説の1軍"を4ヶ月早く招集するという腹案である。

日本の"フットボールゾーン"は16日、「3月のAマッチ親善2連戦で、海外派とワイルドカードなど2020東京オリンピックサッカー代表の最精鋭選手を招集する」と報じた。

2020東京オリンピック日本代表は、食野亮太郎が唯一のヨーロッパ派として行ったAFC U-23チャンピオンシップのGLで1分け2敗・3得点5失点の無勝で脱落する侮辱を受けた。

日本がAFC U-23チャンピオンシップのGLで脱落したのは初の事例だ。
自然と日本サッカー協会内部では"伝説の1軍"をできるだけ早く構成し、2020東京オリンピックが開幕する前までに最大限長く手足を合わせなければならないという共感が形成された。

成人代表の仮面をかぶった2020東京オリンピックの日本の"伝説の1軍"は、3月27日に南アフリカ、30日にコートジボワールとホーム評価試合を行う。


スポンサーリンク
楽天





"森保留任に糸口"日サッカー、反転は可能か?
スポーツ東亜




※一部要約

実際、これといったモチベーションがなかった日本である。
2年周期のこの大会は、7月に開幕する2020東京オリンピックアジア予選を兼ねている。
日本は開催国の資格ですでに自動出場を確定した状態でこの大会に出た。

だがこれほど凄惨に崩れるのは予想されてなかった。
日本サッカー協会(JFA)はオリンピックでの目標を"優勝"に決めるほど、自国のU-23代表の実力向上に努めてきた。
去年、南米サッカー最強を決めるコパ・アメリカと、12月に釜山で幕を下ろしたEAFF E-1チャンピオンシップにも、U-23代表のメンバーが大挙出撃した。

当然、森保監督の立場も狭くなった。
メディアはもちろん、世論の気流は歴代最悪だ。
A代表とU-23代表を兼任する森保監督は「オリンピック本戦で良い結果を出し、引き受けた役目を果たす」としたが、同調する視線は多くない。

それでもJFAの雰囲気は"留任"に方向が固まったようである。

田嶋幸三JFA会長は東京のJFAハウスで記者会見をして「批判を甘んじて受け入れる。常に上り調子でいることはできない。敗北から得るものもある」として、「(監督の去就は)技術委員会が判断し、技術委員長が決める部分だ。ただし、私たちに最も必要なのは、(森保)監督に最高の支援をしなければならないという点」と"留任"に重きを置いた。

実際、選手団の運用は非常に敏感な部分である。
上半期に予定された2022カタールワールドカップアジア2次予選のため、森保監督がオリンピックに専念できないという現実的な困難がある。
2チームを行き来する選手も、ある程度交通整理が必要だ。
オリンピック本戦まで残り7ヶ月あまりの時点で、JFAは非常に不便な現実と向き合った。




[U-23チャンピオンシップ] "谷間の世代"韓国笑い、"最強世代"日本泣く
スポーツ京郷




※一部要約

日本の不振が浮き彫りになったのは、大会前に最強世代を自負したためだ。
3年前に韓国で行われたU-20ワールドカップで16強に上がった選手が経験を積み、1968メキシコオリンピック以降で初めてのメダルが目標という公開的な出師の表まで出した。
9日のサウジアラビアとのGL初戦を前に、日本現地中継の放送で"史上最強世代の初戦"という字幕をつけたのは、その期待感を推し量れる部分だった。
だが日本の過度な期待は酷い成績で怒りに変わった様子だ。
日本の"東京新聞"は現地評論家の評価を引用し、森保監督の更迭まで要求するコラムを掲載した。

韓国と日本は実際、U-20ワールドカップで同じ成績を上げたが、開幕前の評価は反対だったという事実も興味深い。
9回連続オリンピック出場は心配せずとも、ペク・スンホ(23、ダルムシュタット)とイ・ガンイン(18、バレンシア)が所属チームの反対で参加できなかったのが影響を及ぼした。
1部リーグでもない、2部リーグの隠れた宝石が主軸だったため、谷間の世代の再現ではないのかという視線が強かったのが事実である。

韓国と日本の歴代オリンピック世代を調べると、そのような流れがさらに際立つ。
日本が常に自国選手団を高く評価していたのとは違い、韓国は初めてメダルを取った2012ロンドンオリンピックを除けば、"黄金世代"と呼ぶのは珍しかった。
大韓サッカー協会のある関係者は「どうしても韓国は代表級選手でなければ評価がケチになるのは事実」として、「日本は東京オリンピックを開催する立場で、雰囲気を盛り上げようとする目的があったのだと思う」と伝えた。


【関連記事】
韓国メディア:北中日で0勝6敗、韓だけ生き残り東アジアの自尊心守る…中国は日本羨望「脱落しても本戦行く」
【U-23】韓国メディア:早期脱落の日本が西野監督のタイに熱狂…「史上最強世代」の字幕は笑いものに
【U-23】韓国メディア:カタールと引き分けの日本が最下位脱落の侮辱…日メディアは判定に怒り



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...