Kリーグ1釜山、EPL・代表出身DFユン・ソギョンをレンタルで獲得
NEWSIS




※一部要約

プロサッカーKリーグ1の釜山アイパークが、イングランド・プレミアリーグ(EPL)出身であり代表選手として過ごしてきたユン・ソギョンを獲得した。

釜山は12日、「守備強化のため左SB選手のユン・ソギョンをレンタルで獲得した」と伝えた。

2009年に全南ドラゴンズでデビューしたユン・ソギョンは、2013年から2016年までサッカー宗主国イングランドの舞台でプレーした。

クイーンズ・パーク・レンジャーズ所属でイングランド1部のプレミアリーグの舞台を踏んだ。
23試合プレーした。
2部のチャンピオンシップを経験したりもした。
その後デンマークと日本で活躍し、2018年にFCソウルを通じて国内に帰ってきた。

去年は江原FCのユニフォームを着て28試合に出場した。


スポンサーリンク
楽天





"昇格"釜山、EPL出身の元代表DFユン・ソギョンをレンタル
スポーツワールド




※一部要約

2018年と2019年にはそれぞれFCソウルと江原FCでプレーした。
去年は合計28試合に出場して1アシストを記録し、水準級のDFと評価されている。

Kリーグで137試合に出場したユン・ソギョンは国際経験も豊富だ。
第16回広州アジア大会で銅メダル、第30回ロンドンオリンピックで銅メダル、2014ブラジルワールドカップを漏れなく経てきた。
速い突破からのクロスが鋭いという評価を受けており、守備から攻撃に出る速いオーバーラップも卓越している選手だと広く知られている。




[オフィシャル] "1部昇格"釜山、EPL-代表出身DFユン・ソギョンをレンタルで獲得
インターフットボール




※一部要約

ユン・ソギョンは「伝統のある釜山アイパークに来ることになり、心から光栄に思う。チョ・ドクジェ監督を筆頭にコーチングスタッフ、選手らとともに運動することになって嬉しい」と語った。

一方、釜山は守備と攻撃の部門で追加の戦力補強を通じて、2020シーズンを準備する予定である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...