移籍有力となっているキ・ソンヨン、セルティックで復活するか
スポーツ朝鮮




※一部要約

キ・ソンヨン(ニューカッスル)が全盛期の始まりを告げたセルティックで復活できるか。

サッカー専門メディア"フットボールインサイダー"などの英国現地メディアは26日、キ・ソンヨンのセルティック行きに関する内容を一斉に報じた。
現地メディアは、セルティックを率いるニール・レノン監督が1月の移籍市場でキ・ソンヨンの復帰を推進していると明かした。

セルティックはキ・ソンヨンにとって忘れられないチームだ。
キ・ソンヨンは2010年から2012年までセルティクのユニホームを着て、87試合プレーして11ゴール9アシストを記録した。
入団新年は適応に苦しんだが、2シーズン目から確固たる主戦に位置づけられた。
セルティックでの活躍によってスウォンジー・シティに移籍し、イングランド・プレミアリーグに足を踏み入れ、スウォンジー・シティとサンダーランドで良い活躍を繰り広げた。
その間に南アフリカ、ブラジル、ロシアで三度のワールドカップも経験した。

だがキ・ソンヨンは現在のチームのニューカッスルでまったく機会を掴めずにいる。
昨シーズンにラファエル・ベニテス監督がいたときは重用されたが、今シーズンにスティーヴ・ブルース監督が就任してからは3試合でプレーしたのがすべて。
ブルース監督は最近のインタビューで「キ・ソンヨンが主戦でプレーできないのを認めなければならない。他チームの戸を叩く権利がある」と語った。

これでキ・ソンヨンの移籍説が膨らんだ。
来夏に契約が満了するが、ニューカッスルにとっては1月の移籍市場で彼を送ってこそ、移籍金を手にすることができる。

キ・ソンヨンにとってもセルティック行きは悪くないカード。
キ・ソンヨンももう30代に入った。
現実的にEPLの舞台で主戦としてプレーするのが難しいのなら、次善策を見つけるのが賢明かもしれない。
金をたくさん貰えても、中東や中国のクラブに行くには多少早い時点でもある。


スポンサーリンク
楽天





キ・ソンヨンのセルティック復帰説に現地ファンの反応は"冷ややか"…「ノーサンキュー」
スポータルコリア




※一部要約

セルティックのニュースを主に扱うメディア"リード・セルティック"は25日、「セルティックがMFキ・ソンヨンとリンクされている。だがファンはキ・ソンヨンの能力を確信できずにいる」と伝えた。

キ・ソンヨンにとってセルティックは自分を育ててくれたクラブである。
EPL所属だったスウォンジー・シティで全盛期を享受する前、セルティックで急成長を成し遂げた。
当時、キ・ソンヨンは"キラード"と呼ばれて87試合で11ゴールを炸裂させた。

そんなキ・ソンヨンがセルティックに再び戻れるようになった。
英国の複数メディアが「セルティックを指揮しているニール・レノン監督がキ・ソンヨンを望んでいる」と報じた。

だが肝心のセルティックファンの反応は冷ややかだ。
"リード・セルティック"はSNSで「レノンがヴィクター・ワニャマ(トッテナム・ホットスパー)と契約するのに関心があるという報道が出ている中で、来年1月にキ・ソンヨンと再契約することに集中していることがわかった。良い選択なのか?」という質問を投げかけた。
これに対してファンは「大して意味がない」、「そうじゃない」、「お断りする」とあまり喜んでいなかった。

"リード・セルティック"もやはり、キ・ソンヨンの技量が大きく下落していると評価した。
このメディアは「キ・ソンヨンが役立つ資源と証明することもあり得るが、キ・ソンヨンは今シーズンのニューカッスルで選ばれることができなかった。セルティックはワニャマのレンタル移籍か、もっと若い資源を狙ったほうが良い」と主張した。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...