チョ・ヒョヌやチョン・ジョグクら228人、2020年KリーグFA資格取得
聯合ニュース




※一部要約

韓国プロサッカー連盟は今年末に所属チームとの契約が終わる選手のうち、228人がFA資格を得たと23日明かした。

彼らは今年末まで元所属クラブと優先交渉しなければならない。
再契約が行われなければ、来年1月1日から2月29日まで、元所属クラブを含むKリーグの全クラブと入団交渉ができる。

FA資格取得選手のうち、他クラブと契約した場合に補償金が発生する選手は合計85人である。

補償金の規模は契約が終わる年度の基本給年額の100%だ。
補償金は最大3億ウォンに制限される。

補償金制度は2005年からKリーグに入団した選手の中で満33歳未満、元所属チームとの契約が終わる年度を含めて2シーズン連続で登録された選手に適用される。

2004年までにKリーグに入団した33歳以下の選手がFA資格を取得すれば移籍金が発生する。

2020年度のFA資格取得選手のうち、移籍金の発生対象はカン・ミンス(蔚山、2004年入団)とアン・サンヒョン(大田、2003年入団)の2人である。


スポンサーリンク
楽天





[単独] 蔚山の広幅な歩み、代表チョン・スンヒョン&オリンピック代表キム・ジェウ同時獲得
スポーツ東亜




※一部要約

Kリーグ1の蔚山現代が選手団のりビルディングに拍車をかけている。
内部整理と同時に戦力補強に熱を上げている。
中東からUターンした"多用途MF"コ・ミョンジンに続いて公式発表を控えている資源は、CBチョン・スンヒョンとキム・ジェウである。

Kリーグの事情に詳しい複数の関係者は25日、「蔚山が全ポジションにわたる獲得に着手した。実力が検証された代表出身のチョン・スンヒョンと、U-22代表に抜擢されたキム・ジェウを吸収する予定」と明かした。

蔚山は最近、ディフェンス陣が揺れている。
ベテランDFカン・ミンスは来シーズンのKリーグ1昇格を確定させた釜山アイパーク移籍が差し迫り、守備ラインのもう1人の軸であるユン・ヨンソンも中国行きを推進している。
現時点で蔚山の"信ずるところ"はブルタイスが唯一だ。

これについて蔚山は多角的に動き、日本Jリーグの鹿島アントラーズに身を置くチョン・スンヒョンと接触し、最近契約を決めた。
2015年から2017年夏まで蔚山で活躍していた彼は、その年の7月にサガン鳥栖へ向かってJリーグでの旅程を始め、去年8月から鹿島のユニフォームを着ている。

チョン・スンヒョンは代表にも着実に選ばれてきた。
2018ロシアワールドカップに出場したのに続き、今年はじめにUAEで開催された2019AFCアジアカップにも出るほど実力が認められている。

蔚山はそこで満足しなかった。
Kリーグ2の富川FCに身を置く"ヤングガン"キム・ジェウとも交感し、移籍の成功段階に達した。
去年に富川でデビューした彼は、初シーズンは1試合の出場に留まったが、今年25試合(1ゴール3アシスト)プレーして主軸に位置づけられた。


【関連記事】
韓国メディア:苦難の蔚山、キム・ボギョンやキム・スンギュなど半分近くが去る危機…Kリーグのストーブリーグは熱い



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...