元仁川FWイヴォ、「中国代表になったら最高の姿を見せる」
ベストイレブン




※一部要約

過去に仁川ユナイテッドでプレーしたブラジルFWイヴォが、中国メディアとのインタビューで再び中国代表になることを希望するという意をあらわした。

イヴォは最近、<新浪スポーツ>のビデオインタビューに登場し、最近提起された中国帰化と代表熱望について率直な心情を明かした。
イヴォは「もし中国代表に実際に抜擢されれば、私は最高のコンディションと精神力をファンに見せると誓う。多くの中国ファンに見事な試合を見せるため、フィールドで最善を尽くすだろう」と語った。

イヴォは2012年に仁川ユナイテッドに入団し、2年間韓国で活躍して韓国サッカーファンにも馴染みの選手である。
中国の舞台に進出してから所属チームの河南建業で突出した活躍をして、中国ファンの賛辞を受けている選手だ。
中国スーパーリーグでプレーする他のブラジル選手と比べて重量感がやや落ちるが、河南建業のファンからはチームを代表するスターと認められている。
中国で5年過ごしているだけに、中国生活にも完全に適応する姿を見せている。

一方、イヴォが韓国生活のおかげで中国でも容易に適応できたと言って注目を集めている。
イヴォは「中国に来る前、2年間韓国で暮らした。韓国に初めて行ったときも、韓国料理に適応するのにかなりの時間をかけなければならなかった。韓国での経験のおかげなのかわからないが、中国には早く適応した」と語った。


スポンサーリンク
楽天





[取材ファイル] 中国スーパーリーグ、外国人6人保有+サラリーキャップ300万ユーロ
スポTVニュース




※一部要約

2020シーズンの中国スーパーリーグ(CSL)の外国人政策の変更事項が確定した。
25日に理事会を開いた中国サッカー協会を通じて、スーパーリーグと甲級リーグの外国人選手保有限度を増やすことに合意した。

中国サッカー界の関係者は、2020シーズンの中国スーパーリーグは年間7人の外国人選手を登録でき、同時保有は最大6人できるようになったと伝えた。
無分別なシーズン中の外国人選手交代を防ぐための措置である。

試合エントリーの登録は5人可能で、試合同時出場は4人まで可能になった。
アジアクォーターは復活しなかったが、アジアクラブ対抗戦が3人の外国人選手と1人のアジアクォーター選手の出場を許容しているため、アジアクォーター用途の選手獲得と起用が可能になったのだ。

2020年1月1日以降の新規外国人選手については、サラリーキャップが適用される。
手取り300万ユーロ(約38億ウォン)に年俸が限定される。

中国国内選手のサラリーキャップも実施される。
手取り150万ユーロ(約19億ウォン)である。
21歳以下選手の年俸は税込み4万ユーロ(約5100万ウォン)に縛られる。
ただし、試合出場事項によって給与の調整が可能だ。
活躍によって手当を受けられるようにした。

このような規定の改正は、外国人選手への無分別な支出を防ぐと当時に、外国人選手限度の縮小以降に中国選手の年俸が暴騰し、22歳以下選手の義務出場規定の導入後に若い選手の身代金が暴騰した副作用を解決するためとみられる。

2部リーグの甲級リーグは外国人選手を4人保有でき、3人のエントリー登録、2人の同時出場が可能である。
自国選手の出場機会を保障する流れが維持される。

中国サッカー協会が中国スーパーリーグの外国人選手保有限度と出場限度を増やし、移籍市場が活発になる見通しだ。
最近アジアクォーター復活の可能性が提起され、多くの韓国およびKリーグで活動する選手が中国スーパーリーグのチームとリンクされた。


【関連記事】
韓国メディア:Kリーグ得点王を狙う中国リーグがアジア枠を復活…チェ・ガンヒ監督は中国サッカーの短所を指摘



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...