ソン・フンミン退場、"パク・チソン、イ・ヨンピョ、チャ・ボングン"を合わせたより多い
ファイナンシャルニュース




※一部要約

ソン・フンミンの退場記録がパク・チソン、イ・ヨンピョ、チャ・ボングンの記録を合わせたものより多いと集計された。

ソン・フンミンは23日、英国ロンドンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたチェルシーとのイングリッシュ・プレミアリーグの試合でレッドカードを受けた。
審判はVARを通じて、ソン・フンミンが相手DFの胸部を蹴ったと判断した。

サッカー選手の評価専門ポータル"トランスファーマルクト"によると、この日の試合でソン・フンミンは歴代409試合に出場し、4枚のレッドカードを集めた。
警告は21回も受けた。

ソン・フンミンは2014-15シーズン、ドイツのレバークーゼン所属で初めてレッドカードを受けた。
2014年10月に行われたドイツ・ポカールカップ2ラウンドの試合で、ソン・フンミンは後半33分に初めてレッドカードを受けた。
その後、ソン・フンミンは今年だけで3回レッドカードを受けた。
ソン・フンミンは5月のボーンマス、11月のエバートンとの試合でダイレクト退場を受けた。


スポンサーリンク
楽天








一方、パク・チソンは425試合に出場して警告19回、累積警告の退場1回しか記録してない。
直接レッドカードを受けた記録は一度もない。

パク・チソンはオランダリーグのPSVアイントホーフェンでプレーしていた2004年、UEFAチャンピオンズリーグのローゼンボリとの対決で警告累積により退場した。
その後マンチェスター・ユナイテッドに移籍したパク・チソンは、チームの汚れ仕事を引き受けながらも204試合で5回の警告しか受けなかった。

SBでプレーしたイ・ヨンピョは、歴代356試合に出場して警告25回、退場2回を記録した。
イ・ヨンピョの2枚のレッドカードはそれぞれボルシア・ドルトムント、サウジアラビアのアル・ヒラル時代に受けた。

ソン・フンミンと同じトッテナムで活躍していた当時、イ・ヨンピョは91試合で7回の警告を受けた。

"チャブーム"チャ・ボングンは歴代367試合に出場して、わずか3回の警告しか受けなかったことが確認された。
レッドカードを受けたことは一度もなかった。





一方、イ・ガンインやイ・スンウらの若い選手も頻繁な"カードトラブル"に露出していることが確認された。

イ・ガンインは53試合で警告12回、退場1回を記録した。
10月19日のアトレティコ・マドリードとのリーグ戦で交代出場したイ・ガンインは、危険なバックタックルで退場させられた。

イ・スンウも55試合に出場して11枚のイエローカードと1枚のレッドカードを受けた。
イ・スンウは2018-19シーズンのイタリア2部リーグのエラス・ヴェローナ時代、後半41分にレッドカードを受けて競技場を去ったことがある。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:バレンシアの18歳イ・ガンインが21世紀生まれ初のリーガ退場…試合後には涙も
韓国ネチズン反応:ソン・フンミンのタックルでAゴメスがリプレーできないほどの大怪我…主審は最悪の判定
韓国メディア:日本もソン・フンミン退場を特筆大書…皆が故意じゃないと言ってるのに中国は「報復タックル」
韓国メディア:ヤフージャパンでソン・フンミンを検索すると悪意のプロフ写真…ウィキペディアは「タックル」や「兵役」に執着
韓国ネチズン反応:トッテナムのソン・フンミンが報復行為でシーズン3度目の退場…現地ファンも「もうナイスガイじゃない」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...