[東アジアカップ現場] ナ・サンホ「焦らなければフィールドゴールは炸裂する」
スポーツ朝鮮




※一部要約

「焦らなければきっとフィールドゴールが炸裂するだろう」

ナ・サンホ(FC東京)の覚悟だった。
パウロ・ベント監督が率いる韓国男子A代表は18日、釜山アジアード主競技場で2019EAFF E-1チャンピオンシップ(東アジアカップ)3次戦を行う。
ここで勝ったチームが優勝する。
韓国と日本は並んで2勝している。
韓国が勝利すれば東アジアカップ3連覇に成功する。

韓国の悩みはゴールである。
セットピースで3ゴールを決めたが、フィールドゴールがない。
主戦FWナ・サンホもやはり責任感を見せた。
彼は17日、釜山アジアード補助競技場で行われた公式練習の前に行ったインタビューで「最初から優勝を目指していた。私たちが優勝するには明日の韓日戦に必ず勝たなければならない。韓日戦も韓日戦だが、国内で初優勝をするという目標もあり、選手は今優勝したい気持ちが大きい。明日の韓日戦に必ず勝たなければならない」として、「あまりもフィールドゴールが決まらなくて焦ると、もっとフィールドゴールが決まらないと兄たちが言ってくれた。私たちはそれを受けて、あまり焦らずゆったりプレーすれば、フィールドゴールが出るのではないかと思う」とした。


スポンサーリンク
楽天





日本でプレーするナ・サンホ、「韓国の覇気を見せる」
ベストイレブン




※一部要約

今大会の2試合でどちらも先発出場して活躍しているナ・サンホもやはり、日本戦への覚悟を見せた。
ナ・サンホは取材陣との席で「日本選手は若いので覇気に満ちているだろう。だが私たちもそこで押されずに韓国の覇気を見せる。精神武装をしっかりする」と語った。

ナ・サンホは日本JリーグのFC東京所属で、日本選手を相手にした経験が多い。
今回の韓日戦でも、ナ・サンホがぶつかる選手の多くはリーグで経験してきた選手だと予想される。
それについてナ・サンホは「それを別段考えたりはしない。日本チーム全体と戦術を考えている。選手には日本選手について話をするだろうが、大きな枠組みでは全体を見なければならない」と言及した。

選手にフィールドゴールがない部分には「私もやはり中国戦でチャンスを逃して惜しかった。フィニッシュの練習にみんなが集中しなければならない。小心になるよりは自信を持って、果敢にシュートを打って集中力も上げるつもり」と改善策を挙げた。

「ミーティングで、焦ったらもっとフィールドゴールが出ないと兄たちが言った。ゆったりすれば出てくると思う」と明かしたナ・サンホは、「日本戦は絶対に負けられないが、試合の一部分でもある。それでも勝たなければならないという考えをたくさん持っている」と日本戦への必死の覚悟も明かした。

最後に「私もまた長所を見せようとしている。今大会だけでなくワールドカップ予選でも長所を見せたい」と個人の希望も付け加えた。


【関連記事】
FC東京の韓国代表ナ・サンホ「横浜Fマリノス戦も4ゴールは可能」「東アジア杯で良い姿を見せる」
韓国メディア:J1優勝失敗のFC東京、オ・ジェソク-ナ・サンホ-ユ・インス出場で歴代最高順位という点は注目に値
【E-1選手権】韓国ネチズン反応:韓国が中国を1-0で下して2連勝…日本と優勝決定戦



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...