ライバルだけで14人、イ・スンウのデビュー不発はともすれば予見された結果
スポーツワールド




※一部要約

結局"また"という単語がついた。
イ・スンウのベルギー舞台のデビュー戦は"また"不発となった。

シント・トロイデンは15日、ズルテ・ワレヘムとの2019~2020シーズン・ベルギーリーグ19ラウンドの遠征試合で1-5の大敗をした。
これで6勝4分け9敗を記録したシント・トロイデンは10位になった。
今回の対戦は韓国サッカーの間で注目を集めていた一勝負。
"コリアンメッシ"と呼ばれたイ・スンウが、移籍後に2回目の招集リストに名前を上げたことが理由である。

スペインの名門FCバルセロナユース出身のイ・スンウは多くの期待を受けていた有望株だったが、期待ほどの成長ができなかった。
グラウンドでより多くの時間を確保するため初めて行ったエラス・ヴェローナでは、43試合で2ゴール3アシストに終わった。

もう一度主戦に躍進するため選んだベルギーの舞台では、まだ攻撃ポイントどころかデビュー自体をできずにいる。
彼がシント・トロイデンのユニフォームを着て走った試合は、リザーブの2試合がすべて。

チャンスがなかったわけではない。
不和説に覆われた前任監督の更迭後に立場の変化が感知され、実際に1日のKRC戦では初めて招集リストに入った。

だが出場までは続かなかった。
今回のズルテ・ワレヘム戦でも招集リストに入って出場の可能性を期待させたが、結局グラウンドを踏めなかった。

イ・スンウはなぜプレーできないのか。
"ライバルがあまりに多い"という結論を出すことができる。

イ・スンウは2列目のすべてと最前方でプレーできるが、チーム内の当該ポジションを消化する資源が14人もいる。

メインポジションの左ウイングに絞っても、イ・スンウよりはるかにチーム内の立場が堅い選手が2人いる。
現状だけを見たとき、出場を期待しにくいのが現実だ。

それでもまったく不可能というわけではない。
今シーズンの日程はまだかなり残っているうえ、他の選手の負傷や累積警告など様々な変数が起きる可能性がある。

持っている潜在力だけは確かな資源なので、練習場で黙々と内功を積めば、いつか訪れるチャンスを掴めるはずだ。


スポンサーリンク
楽天





"招集リスト入り→出場不発"、続くイ・スンウの希望拷問
日刊スポーツ




※一部要約

ドイツの哲学者ニーチェは、"苦しみを長引かせるので、希望はすべての悪の中でも最悪"と言った。
イ・スンウが耐えている希望拷問の時間もやはり同じである。
まだシーズンは残っているので、いつかイ・スンウに出場機会が訪れる可能性は存在する。
だがこのままプレーできない時間が続くなら、誰よりも辛くなる人物は結局イ・スンウ自身だ。




"大敗"STVV、アマチュアリーグ出身でもプレーするのにイ・スンウは"ベンチ"
OSEN




※一部要約

遠征に出たシント・トロイデンは5ゴールを許している間、イ・スンウにチャンスを与えなかった。
かえってアマチュアチームだけでプレーしていた選手を、この日の試合に出場させた。
後半に交代投入されたマティウ・トローンベックスはプロ経験のない選手だった。
この日の試合でプロデビューした。

トローンベックスは1998年生まれでイ・スンウと同い年だ。
ベルギーのアマチュアでプレーしていた彼は、主戦FWに代わって出場した。
守備の安定を試みるためだった。
だがすでに試合が傾いている状況で、守備を投入して失点を減らすというのは、(※攻撃的な試合が多い)ベルギーリーグではあまり見られない姿である。

上位リーグへ選手を送り込むことに努めているベルギーリーグ状況的に、トローンベックスを投入したへイエン監督代行の歩みは理解に苦しむ。

特に、トローンベックスと交代させられたアランはイ・スンウのライバルだ。
彼はデンマーク・スーペルリーガからシント・トロイデンに移籍してきた。
15試合に出場したがゴールはまだない状態。

なのでイ・スンウが出場できない理由をさらに見つけるのは困難である。
前任監督と現在のへイエン監督代行が言う「適応」はもう弁明として通用しない。



結局アマチュアレベルということ…
何を信じて10代中後半のときあんなに出しゃばっていたんだ…?
これほどなら国民を名誉毀損で告訴するのではなく
国民が対国民詐欺罪で告訴すべきじゃないのか?
広告やら何やらで…金をものすごく稼いだんだろう




イ・スンウは2部のソウルイーランドにレンタル移籍しよう
チョン・ジョンヨン監督がイ・スンウを復活させて
シント・トロイデンに復帰すれば良さそう


┗あまりに目標を高くしてるのではと思う



ところでサッカー界でイ・スンウみたいなのが1人2人と思っているのか
プロ契約もできずに消えた連中もいる
10代のときに上手ければずっとできると思っているようだが
成人リーグは大いに違う



コン・フオンに言ってベトナムリーグにでも進出しろ



人は常に謙虚でなければならないというのを見せる事例




イ・スンウが謙虚でないというのは正しい言葉かもしれないが
日本人のクラブオーナー亀山会長が韓国サッカー選手のイ・スンウを
あえて試合に送り出してないのかもしれない
単に謙虚でないから出さないのか?
それを理由に選手が持つフォームをダメにするためだ
イ・スンウがどういう選手なのか十分知ってて獲得しただろうし
知らなかったとしても責任はクラブオーナーにあるだろう



┗陰謀論まで出た
 ふふ



これほどなら実力が本当の問題ではない…
性格の問題だ



一日でも早く別のところに…
常識的に下らないクラブだ



これほどなら日本人のクラブオーナーのところへ行くべきじゃなかった



日本人のクラブオーナーが獲得を許諾して年俸を払っていることは考えず
実力、フィジカル、性格がすべて足りなくて監督の目に留まらないのに
クラブオーナーを恨んでる
ふふ



これは実力のせいじゃない
何かクラブ内部でイシューがあって
イ・スンウが一種のモデルケースなのだろう



到底理解できない状況



シーズン0試合0先発0交代2招集2ベンチのメンバーとして活躍中



エージェントを変えろ
無名チームですらプレーできず希望拷問…



ヴァーディも9部出身だ
スンウはとりあえずレンタルでも探してほしい



性格とか実力は置いといて
とりあえず移籍金200万ユーロはこのクラブの最高移籍金なのに
いったいチャンスをなぜ与えないのか?



クラブにとって公開したくない法的問題があるのだろう
それ以外にもう理由がない




いったいどのチームに行けばプレーできるのか
客観的にKリーグでも厳しいと思う



これはイ・スンウが詐欺に遭ったのだ!
今からでも早く契約を破棄して別のチームに行かなければならない~



週給はまだ貰ってるのか?



答えはすでに実力が足りないということなのに
それを認めたくないからとんでもないところからしばしば理由を探す
あまりに醜い


┗答えはKリーグデビューのみ



移籍金を調べてみろ
少なくともレンタルなら出してくれるだろう



誰かが見たらマンシティ、リバプールかと思うだろう
それほどすごいチームだったのか?
ヨーロッパ辺境リーグの中下位圏チームなのに
ふふ



┗イ・スンウがその程度の実力すらないというのを認められないのか?



ふふふ
いやベンチの中のベンチの記事が絶え間なく出るって
ふふふ



コリアンメッシ?
メッシの名前はそんなに軽かったのか



スンウよ、プレミアリーグの下部リーグにでも来い



使わないなら他のチームに行かせろ…



1回アジアに来い
久保みたいに




もうすぐ23歳だ



実力があればライバルが何人いてもプレーする



大田シチズンに来い



スター意識を捨てて再出発するべきだ
成長してヒチャンくらいに変わってこそヨーロッパで生き返ることができる



自尊心を捨てて韓国に来い



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...