守備から攻撃まですべてする"脱アジア"CBキム・ミンジェ [GOAL LIVE]
ゴールドットコム




※一部要約

最も光った選手はCBキム・ミンジェだった。
単に決勝ゴールを決めただけではない。
本業の守備から攻撃加担、チームプレーを作る展開、すべての面で際立っていた。

中国スーパーリーグの北京国安でプレーする選手らしく、相手選手の特徴を把握して堅い守備を見せた。
中国の攻撃の試みはほとんどキム・ミンジェの前で阻まれた。

中国進出1年目で断然リーグ最高DFになったキム・ミンジェは、ヨーロッパ進出に挑戦中だ。
EPLクラブの関心を集めていることがわかったなか、本人もヨーロッパ進出に積極的な意思をあらわしている。
移籍金の問題が解消されればヨーロッパに行ける状況である。

結果にかかわらず最近のAマッチで起伏のない、最も高いレベルの競技力を繰り広げているキム・ミンジェは、脱アジアの技量を発揮してヨーロッパ進出を準備しているところだ。
18日の日本とのE-1チャンピオンシップ最終戦でもキム・ミンジェのそのような技量は、優勝挑戦の鍵となる見通しである。





スポンサーリンク
楽天





"少林サッカー"寝かせたキム・ミンジェ、「日本防ぐ守備を」
ベストイレブン




※一部要約

この日、先制ゴールはもちろん守備まで攻守両面で活躍したキム・ミンジェは、試合後のミックスゾーンでのインタビューで「時間はかなりかかったが(チームの守備は)大いに良くなるだろう」と言及し、「日本とするときは、ひとまずあまり食いついてはいけないということ。2対1のワンツーパスをたくさんするので、そういうことをしっかり考えて(守備を)しなければならないだろう」と秘策を明かした。

続けて彼は「日本選手は一瞬のスピードが速く、そういうのをしっかり考えなければならない」と付け加え、日本戦は慎重な守備の姿勢を取ると明かした。
キム・ミンジェは食いつく守備と待つ守備のどちらにも長けている、アジアトップクラスのCBだ。
香港戦と中国戦に続いて最終戦の日本戦まで、すべて無失点を狙える韓国守備の守護神である。
中国戦で魂のパートナーであるキム・ヨングォンが成功的な復帰を見せただけに、日本戦でも名守備コンビがクリーンシーツを後押しできるのか関心が集まっている。




キム・ミンジェ「ヨーロッパに挑戦したい…日本に負けてはならない」
NEWSIS




※一部要約

1月のアジアカップ本戦に続いて、中国戦2試合連続ゴールだ。
Aマッチの合計3ゴールで2ゴールを中国戦で上げた。

キム・ミンジェは「中国とするときはクロスが上手く上がってくるようだ。セットピースのゴールはヘディングする人間も重要だが、クロスを上げる人間が8割だ。セジョン兄さんが上手く上げた。私は匙を上げただけ」と花を持たせた。

満23歳と若くして代表の守備の核に浮上したキム・ミンジェは、サッカーファンの期待を一身に受けている。
いつからか見るのが難しくなった韓国人ヨーロッパ派DFの誕生もやはり、キム・ミンジェがやってくれると見ている。

実際、キム・ミンジェはEPLのクラブから関心を集めているという話が、英国メディアの間でしばしば出ている。

それについてキム・ミンジェは「移籍は私一人でするものではなく、クラブが許諾しなければならない」と慎重な反応を見せつつ、「実際に拒む選手がどこにいるだろうか。ヨーロッパ挑戦はすべての選手の夢であり、目標とするところだ。絶対挑戦してみたい」と野心をあらわした。

韓国は大会最終日の18日に日本と最終戦を行う。
日本もやはり2連勝を記録中である。
得失点差で押されている韓国は、日本に勝ってこそトロフィーを手にすることができる。

キム・ミンジェは引き分けではいけない状況に置かれていることについて「当然負担になる。ゴールを取らなければ状況は厳しくなる」としつつも、「選手全員、日本には負けてはならないという思いが打ち込まれている。優勝がかかっている最後の試合だ。DFがゴールを許さず、FWが決めれば勝てる」と声を高めた。


【関連記事】
【E-1選手権】韓国ネチズン反応:韓国が中国を1-0で下して2連勝…日本と優勝決定戦



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...