英メディア、「リバプールはファン・ヒチャン-南野をどちら見守っていた」
インターフットボール




※一部要約

リバプールは韓国と日本のアタッカーに注目していた。

オーストリア・ブンデスリーガのザルツブルクが、ヨーロッパビッグクラブの関心を集めている。
クラブ内の若いアタッカーがUEFAチャンピオンズリーグで目立った活躍を見せたためである。
その中心にはファン・ヒチャン、南野拓実、エルリング・ホーランドがいる。

特にファン・ヒチャンと南野はEPLクラブを魅了した。
今シーズン、チャンピオンズリーグのリバプール戦での活躍を印象深く見守った様子だ。
英国"インディペンデント"は13日、「リバプールは南野とファン・ヒチャンに最も関心を持って見守った」と伝えた。

続けて「ユルゲン・クロップ監督は2シーズンの間、両選手をどちらも観察した」と付け加え、「南野は最近のワールドカップ予選の4試合で5ゴールを決めた。2500万ポンド(約392億ウォン)なら彼を獲得できる」と南野に光を当てた。

ファン・ヒチャンと南野のうち、南野に集中するとみられる。
具体的なリバプール移籍説は報じられなかったが、ファン・ヒチャンは「クロップ監督が(チャンピオンズリーグの後)直々によくやったと言ってくれた」と語ったことがある。
このように、リバプールのアジアアタッカーへの関心は事実であることが明らかとなった。


スポンサーリンク
楽天





"ワールドクラス"ソン・フンミン-"リバプール移籍説"南野、韓日ヨーロッパ派が羨ましい中サッカー
OSEN




※一部要約

東アジアのライバルと考えている韓国と日本のヨーロッパ派選手が大活躍し、中国が羨ましさを隠せずにいる。

10日から釜山では2019EAFF E-1チャンピオンシップ(東アジアカップ)が開催されている。
東アジアサッカーの強豪である韓国・日本・中国が大会優勝をかけて激しく争っている。
ヨーロッパで活躍している選手は参加していないが、国内派選手を中心に大会を行っている。

海外派選手は外れたが、各国のサッカーのレベル差は明確だ。
パウロ・ベント監督が率いる韓国は1次戦の香港との試合で苦しい姿を見せたが、東アジアカップの強力な優勝候補であるのは否定できない。

日本は自国で行われる2020年のオリンピックに備える次元で、23歳以下中心のチームを構成した。
中国はこれまでも自国リーグでプレーする選手が中心のチームだったが、今大会では2軍級のメンバーを抜擢したので、3ヶ国の中で最も戦力が落ちるという評価である。

海外派選手まで含めれば、その差は克明になる。
韓国にはアジアを越えてワールドカップに浮上したソン・フンミン(トッテナム)だけでなくファン・ウィジョ(ボルドー)、ファン・ヒチャン(ザルツブルク)、イ・ガンイン(バレンシア)、イ・ジェソン(シュタインキール)、クォン・チャンフン(フライブルク)らがいる。

日本には吉田麻也(サウサンプトン)、原口元気(ハノーファー)、久保建英(マジョルカ)、酒井宏樹(マルセイユ)、南野拓実(ザルツブルク)のような選手が加わることができる。

一方、中国にはウー・レイ(エスパニョール)だけである。
中国メディア"チタンスポーツ"は13日の報道で、最近話題になった南野のチャンピオンズリーグでの活躍像とリバプール移籍説を詳細に扱った。

このメディアは「韓国と日本にはヨーロッパ5大リーグで活躍する選手が多いが、中国にはウー・レイだけだ」と伝えた。
また、「韓国にはイ・ガンイン、日本には久保のような未来の有望株がいて鳳凰の毛、麒麟の角のように稀である」と羨ましさをあらわした。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:英メディア「リバプールが南野拓実を狙う」…1月移籍で原則的に合意という報道も
韓国メディア:南野拓実リバプール行き?移籍金が3倍高いファン・ヒチャンを望むウォルヴァーハンプトンも引けを取らない



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...