"2軍級"日本、香港5-0大破…2連勝で優勝に一歩
ベストイレブン




※一部要約

2020東京オリンピックに備えた2軍級の若い選手を前面に出した日本が香港を大破、大会優勝に一歩近づいた。

日本は14日午後7時30分、釜山の九徳運動場で行われた2019EAFF E-1チャンピオンシップ男子部2ラウンドの試合で香港に5-0で完勝した。
これで開幕戦で中国を2-1で制圧した日本は、調子良く2連勝を走った。
最終ラウンドの韓日戦に引き分けをおさめるだけでも優勝が有力になる。





スポンサーリンク
楽天





"7人Aマッチデビュー"日本、韓国苦戦の香港5-0大破
OSEN




※一部要約

日本サッカー代表が2連勝を走った。
何と7人がデビュー戦に出た日本だったが、恐ろしい攻撃力を披露した。

この日の試合は相手が香港という点で、韓国ファンにとっても関心が高かった。
香港は11日に0-2で韓国に敗れたが、細やかな守備ラインを披露してフィールドゴールを許さなかった。

ベント監督が率いる韓国は、香港を相手に圧倒的な試合を繰り広げた。
だが韓国は香港の厚い守備ラインを剥がすのに手こずっている様子だった。
サイドと中央にしつこく食い込んだベント号だったが、多様な戦術を見せられなかったという評価を聞かなければならなかった。







日本の香港守備攻略、韓国とは違った
マイデイリー




※一部要約

ベント監督が率いる韓国は香港との1次戦で、相手守備の攻略に苦しむ姿を見せた。
地道に試みたサイド突破はスムーズに行われなかった。
前進パスもやはり正確性が不足した姿を見せ、結局セットピースの状況で2ゴールを記録するのに満足しなければならなかった。

香港は韓国戦と日本戦のどちらでも、守備ラインを極端に下げないまま試合を展開した。
韓国・日本戦のどちらも、試合の流れによって香港が守備中心の試合を繰り広げる共通点があった。
異なる点は、香港は韓国戦とは違って点差が大きく広がった日本との対決では、後半に入って攻撃に焦点を合わせる試合をした。
日本は香港が攻撃的な試合運営を試みた後半より、守備に焦点を合わせた前半だけで4ゴールを放つ攻撃力を見せた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...