韓国、2023FIFA女子ワールドカップ誘致撤回…なぜ?
NEWSIS




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が梗塞した南北関係とFIFAの変更した大会運営方式による国内法抵触問題などで、2023FIFA女子ワールドカップの誘致申請を撤回した。

大韓サッカー協会は2023FIFA女子ワールドカップ誘致計画書の最終提出日である13日、誘致申請の撤回を決めたと公式発表した。

大韓サッカー協会はその背景として▲南北関係の梗塞でもう南北共催の推進が難しくなった点、▲FIFAの新たな大会運営方式が国内法とぶつかり、結果的に文化体育観光部の承認を受けられな点、▲女子ワールドカップを男子ワールドカップの水準に上げるため、FIFAが強化した施設基準の要件を地方自治体が受け入れられなかった点などを挙げた。

大韓サッカー協会は4月に2023FIFA女子ワールドカップ誘致申込書をFIFAに提出していた。





スポンサーリンク
楽天





"南北関係梗塞、サッカー界悪影響"2023女子ワールドカップ誘致申請撤回
国民日報




※一部要約

サッカー協会はジャンニ・インファンティーノFIFA会長の誘いで南北共催を推進し、北韓と協議する機会がなかったので一旦韓国だけの単独開催で誘致申請書を出していた。

その後、FIFAは共催を支援しようと北韓と継続して協議しようと努めたが、南北関係が梗塞して進展がなく、共催は事実上不可能だった。

サッカー協会は次善策として単独開催を推進してきたが、今度はFIFAの新たな大会運営方式が国内法に抵触する点が見つかった。

FIFAは、開催国の大会組織委員会が大会を主管する既存のモデルを廃止し、FIFAが議決権の過半数を行使する別の法人を設立し、直接大会を主管する方式を今大会から施行することにした。
そのようなFIFAの新たな大会運営方式は、志絵扶が組織委を通じて大会に人的・物的支援をするようにした国際競技大会支援法条項に反する。

特に、大会後に残る組織委の残余財産を国や地方自治体に帰属させるよう規定した国際競技大会支援法第9条6項が、"大会収入に対するすべての権利はFIFAが持つ"というFIFAの新たな規定と衝突する点が最大の難題だったとサッカー協会は説明した。

また、FIFAが全体的な施設基準を男子ワールドカップと同水準に上げたことも、大会誘致に挑戦する障害となった。

サッカー協会は「経済的効果が不透明な状況で、強化された施設やそれに伴う保証を要求するFIFAの要請を、地方自治体が受け入れるのは難しいと判断した」と説明した。




日本、2023年女子ワールドカップ開催の提案書提出…韓国と誘致争い
スポータルコリア




※一部要約(昨日の記事)

田嶋幸三JFA会長は「正式に出た。2020年の東京オリンピック、2021年の女子サッカーリーグのプロ化を、2023年の女子ワールドカップに繋げたい」と明かした。
続けて「女子サッカーの発展を爆発的に増加させるためにすごく重要」と、女子ワールドカップ誘致の意義を伝えた。

女子ワールドカップの誘致は大韓サッカー協会も飛び込んでいる状況だ。
両国の誘致争いが熱くなることになった。

協会は北韓との共催でFIFAの関心を集めた。
すでに10月の平壌南北戦のとき、チョン・モンギュ会長とFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長が北韓のサッカー協会関係者と共催について意見を交わしたことがある。
また、最近では誘致活動の一環として、女子クラブチャンピオンシップを行った。

FIFAは13日に誘致申請を締め切る予定だ。
開催地は来年5月に決まる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...