ヒディンク、リッピも諦めた中サッカー…「スコラーリ関心ある」
マイデイリー




※一部要約

世界的名将のフース・ヒディンクとマルチェロ・リッピ監督が中国サッカーを諦めたなか、かつて広州恒大を指揮したルイス・フェリペ・スコラーリ監督が次期司令塔に取り上げられている。

中国の新華ネットは16日、「スコラーリ監督は中国代表の監督職に関心がある」と報じた。

スコラーリ監督は中国サッカー協会が公式オファーをすれば来る計画である。

ブラジル出身で2002韓日ワールドカップで優勝したスコラーリ監督はポルトガル、チェルシー、ブニョドコル、広州恒大など、多くのクラブを指導してきた。
そして去年からブラジルのパルメイラスを指揮し、9月に更迭された。

スコラーリ監督は中国サッカーに馴染みのある人物だ。
2015年に広州の監督を引き受け、スーパーリーグ3連覇とアジアチャンピオンズリーグ優勝を果たした。

だがリッピ監督はもちろん、ヒディンクも驚いて去ったところが中国である。
リッピ監督も広州では成功したが、中国代表では失敗した。


スポンサーリンク
楽天





スコラーリの花樣年華…「中サッカー、多くの喜びを与えた…再び戻りたい」
OSEN




※一部要約

中国メディア"新華社通信"は16日、スコラーリ監督の代理人の言葉を引用して「中国サッカー協会がスコラーリ監督に要請すれば、就任の条件を互いに満足できるよう調整できるだろう」と報じた。

続けてスコラーリ監督が、新華社通信とのインタビューで中国復帰への意志を直接あらわした。
彼は「中国での生活がとても懐かしい」として、「多くの優勝を成し遂げたところなので中国サッカーが懐かしい。中国クラブの練習施設は非常に先進的なシステムを備えている」とかたった。

スコラーリは中国で掲げられるすべてのトロフィーを手にした。
当然、中国について良い記憶だけが残っているだろう。
彼は「中国サッカーは私に多くの喜びを与えた。中国を去るときはとても悲しかったし、離れてすぐ再び戻りたかった」と伝えた。




"妄言なのか自信なのか"スコラーリ「中、10年後には韓・日に追いつく」
スターニュース




※一部要約

スコラーリ監督は「中国クラブには高級な練習センターがあり、高いレベルのコーチもいる。私たちは学びたい欲求があり、働きやすい。来年には中国に戻って指導できることを願っている」と意志を示した。

それとともに中国サッカーの発展に好評価を下した。
彼は「中国サッカーはここ数年間で多くの変化を成し遂げている。サッカーの発展に役立つ規則を用意し、幼少年サッカーにも関心を示している。10年後には中国サッカーのレベルが韓国、日本、オーストラリアに到達できると思う」と見通した。


【関連記事】
【東アジア杯】韓国メディア:ストイコビッチ監督が中国代表に呆れる「BチームがあるならCチームもあるのか?」
韓国メディア:中国が自国サッカー代表に絶望、挫折感「現実はラオスの下」…帰化政策は継続



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...