現役サッカー選手「日本チームと訴訟中」知人を騙して金横領
KBS




※一部要約

現役プロサッカー選手が「日本サッカーチームとの訴訟で金が必要だ」という嘘で知人を騙し、金を横領して懲役刑を宣告されました。

ソウル中央地方法院の刑事9単独は詐欺の容疑で起訴されたサッカー選手イ某氏に、懲役1年執行猶予2年を宣告して社会奉仕200時間を命じました。

3月に自分が騙されていることを知ることになった知人がイ氏を警察に告訴し、警察は9月にイ氏を拘束して起訴の意見で検察に送致しました。

裁判所は「被害者が示談して処罰を望んでいない点、同種の犯罪で処罰を受けた前歴がない点など、様々な条件を総合した」と量刑の理由を明かしました。


スポンサーリンク
楽天





現役サッカー選手「日本のチームと訴訟中」知人を騙して金横領
聯合ニュース




※一部要約

16日、法曹界などによると、ソウル中央地方法院の刑事9単独のチャン・ドボン判事は、詐欺の容疑で起訴されたサッカー選手イ某(28)氏に、懲役1年執行猶予2年を宣告してて社会奉仕200時間を命じた。

イ氏は知人3人に「日本のサッカーチームと契約して活動していたが、チームが契約の条件通りに賃金を支給せず、7億~8億ウォンを貰えずにいる。訴訟中なのだが訴訟費が足りない」と騙した。

彼は「訴訟費を貸せば、勝訴してから返す」と嘘を付き、2015年1月から2018年10月までに約1億4000万ウォンを横領した容疑で起訴された。

イ氏は当時、日本のサッカーチームと訴訟を進めることをせず、借りた金を遊興費などに使うつもりだったことがわかった。
金を借りた後、返す能力もなかったことが調査でわかった。

イ氏は判決を不服として控訴したが取り消した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...