中国ファンの絶望、「韓国追撃?現実はラオスの下」
ベストイレブン




※一部要約

中国サッカーファンが自国のU-19代表の振るわない成績に大きく失望した。
中国ファンは、中国が韓国や日本などの東アジアのチームはもちろん、弱体のラオスより振るわないと絶望した。

ベトナムメディア<ザ・タオ24>は12日、中国ポータルサイトの捜狐を通じて中国ファンの反応を報じた。
中国ファンはラオスより劣る順位を見て挫折しているというのだ。

中国U-19は、アジア最強の席を狙う中国サッカー協会の野心的な青雲の下で計画的に育成された。
それだけに期待もやはり大きかった。
だが中国U-19代表は、2020AFC U-19チャンピオンシップで恥をかいた。

中国はI組で韓国に1-4で大敗し、本戦トーナメント進出に挫折した。
結果的に韓国戦の敗北で1位に上がれなかったのが大きな打撃だった。
だが中国ファンは、各組2位のうち5位以内にも入れずワイルドカードすら得られなかった事実に、より大きな衝撃を受けた。
中国は韓国戦以外でも、ミャンマーとシンガポールを相手に拙戦の末にそれぞれ辛うじて2-0の勝利をおさめた。
ミャンマーがシンガポールに8-0の勝利をおさめたことを考慮すれば、中国がどれだけ苦しい試合をしたのかをさらに伺うことができる。

これが禍根だった。
結局、中国は得失点差+1を記録し、ワイルドカード争いで押されて虚しく大会を締めくくらなければならなかった。
中国は各組1位を占めた韓国・日本・オーストラリアなどの既存の強者はもちろん、各組2位のラオス・カンボジア・イエメンにすら押される苦い現実と向き合うことになった。

中国ファンが怒っている点も、まさにこの部分である。
<ザ・タオ24>が伝えた捜狐の反応によると、中国ファンは「韓国戦の敗北も残念だ。だがもっと残念なのは他の2試合ですら特に得るものがなかったこと」、「もう中国サッカーの未来はラオスより下というのを認知しなければならない」と挫折した。


スポンサーリンク
楽天





挫折した中メディア、「亜全体は発展しているのに私たちはなぜ…」
ベストイレブン




※一部要約

中国U-18代表は最近、チョン・ジョンヨン監督が率いる韓国U-18代表に1-4で惨敗した。
今年上半期のパンダカップに続いて、ユースレベルで立て続けに体験した敗北である。

中国メディア<新浪スポーツ>が<新華社通信社>のニュースを引用して伝えたところによると、中国サッカー界の内部では現在、少なくない挫折感が流れているようだ。
要するに、あれだけ投資したのに中国サッカーはなぜ良くなることができないのかという、根本的な問いから来る虚脱である。

<新華社通信社>は「皆が知っている通り、ベトナム・インド・マレーシア・タジキスタン・パレスチナなど、アジアサッカー全体のレベルが向上している」として、「それがまさに中国ユースの選手が挫折する理由だ。他の人々が発展しているのに、私たちは発展できなかった。時間は問題にならないだろう」と、逆転を許すほど停滞している中国サッカー界を批判した。

続けて「すべての答えは計画を再設定することにある」として、これ以上遅れをとりたくなければ、中国サッカー界がすべてのシステムを再び見直さなければならないとアドバイスした。

中国メディアが言及したように、最近のアジアサッカー界は急成長しているのが事実だ。
一方、中国は大きな変化を迎えられなかったため、アジアの弱体との実力差が以前よりも減ってしまった。
中国メディアの批判の声がいつにも増して大きい理由である。




中帰化政策は"継続"…次の目標物はFWゲデス
ベストイレブン




※一部要約

すでにニコ・イェナリスとエウケソンを抱えているが、中国サッカー協会(CFA)の帰化政策は現在進行形のようだ。
別の外国人選手の帰化の可能性が取り上げられている。

"ESPN"の解説者ジョルジ・ニコラによると、山東魯能のロジェル・ゲデスが帰化を試みて中国代表合流を目標のする可能性が存在するようだ。
ゲデスは中国で着実に活躍を続けており、勢いに乗って最初から中国に根を下ろすかもしれなくなった。

CFA側がゲデスに接触したという話が出回っている理由は、大きく二つに要約できるようだ。
一つは、どのみち世論の反対を押し切って刀を抜いたので、帰化人数にはこだわらないというCFAの方針である可能性があり、もう一つは依然として中国代表の競技力が大きく上昇していないためである。

マルチェロ・リッピ監督が率いる中国は、自国の英雄ウー・レイと帰化人エウケソンを前面に出しても、ワールドカップ予選でフィリピンを相手に無得点で終わった。
非常に衝撃的な結果であり、これをキッカケに中国は尻に火がついてしまった。
同組のシリアに押された場合、ともすればグループ2位に墜落することもあり得るからだ。
グループ2位は、あれこれ計算してから最終予選に進出できるかどうかがわかる、不安な位置である。

ゲデスは今シーズン、中国で22試合10ゴール4アシストを記録している優れたFWだ。
ウー・レイとエウケソンで物足りないと感じたとすれば、中国の立場ではゲデスまで追加したいと思ってもおかしくない。
中国メディアによると、自国の一部からはCFAの帰化政策を、長期的な観点ではなく短期的な弥縫策と見る声も少なくないようだ。


【関連記事】
韓国メディア:中国主催の国際大会で韓国U-18代表が優勝トロフィーを侮辱→中国非難で公開謝罪
優勝トロフィーを踏みつけ中国の公憤を買った選手について所属チームの蔚山「海外の有名選手を見て…教育する」
韓国メディア:中国のU-18韓国代表に対する非難に海外ネチズンが反論…韓国サッカーへのコンプレックスが凝集
韓国メディア:「韓国サッカーの帰化事例と挑戦史」「アジアでは帰化の風が激しく吹いている」
韓国ネチズン反応:エウケソンの他にもブラジル人が次々と帰化申請の中国…「ブラジル2軍じゃないのか」
金銭補償でブラジル2軍になった中国代表…エウケソン「もっと多くのブラジル人が帰化すれば中国もW杯に行く」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...