「ソン・フンミン、悪質コメントに苦痛を受けている」…英ザ・サン憂慮
マイデイリー




※一部要約

バックタックルで退場したソン・フンミンが悪質コメントに苦しめられている。

トッテナムは4日、英国リバプールのグディソン・パークで行われたエバートンとの2019-20シーズンのプレミアリーグ(EPL)11ラウンド遠征試合で1-1の引き分けをおさめた。

ソン・フンミンはレッドカードを受けて退場させられた。
後半33分、アンドレ・ゴメスに向けてタックルを試みて、それからセルジュ・オーリエと衝突してゴメスの足首が骨折する大怪我を負った。

精神的ショックを受けたソン・フンミンは、自分のせいでゴメスが負傷したという苦しさで顔を覆った。

弱り目に祟り目で、ソン・フンミンに向けて無差別な攻撃も始まった。
エバートンの一部のファンは差別発言をし、オンライン上でも悪質コメントがソン・フンミンに向けられている。

英国メディアのザ・サンは5日、「ソン・フンミンが悪質コメントに苦痛を受けている」と伝えた。

実際、一部の非常識なネチズンがソン・フンミンを卑下する発言を吐き出している。


スポンサーリンク
楽天





[UCL現場] "3試合出場停止撤回"ソン・フンミン、公開練習で笑みを取り戻す
スポーツ朝鮮




※一部要約

ソン・フンミンはツルヴェナ・ズヴェズダとのヨーロッパチャンピオンズリーグGL4次戦を前日にした5日、セルビア・ベオグラードのライコ・ミティッチスタジアムで公開練習を行った。
メディアには15分間公開された。

ソン・フンミンは笑みを失わなかった。
ウォーミングアップをしながら同僚と言葉を交わした。
選手とパスをやり取りするときは、互いに見つめて笑ったりもした。
また以前のソン・フンミンに戻った様子だった。





ソン・フンミンは3日に行われたエバートン戦で、アンドレ・ゴメスにバックタックルをして退場させられた。
FAはソン・フンミンに3試合出場停止の懲戒を下した。
だがトッテナムが控訴した。
FAは事項を綿密に分析した。
そして判定に誤りがあったことを認めた。
FAはトッテナムの抗議を受け入れ、3試合出場停止の懲戒を撤回した。

ポチェッティーノ監督は「ソン・フンミンは大丈夫だ。あのタックルの後、すべてのことが総合的に出てきた。みんなが感情的な瞬間だった。他のみんなも大丈夫だ」とした。
続けて「トッテナムの構成員すべてが(ゴメスの負傷について)申し訳ない感情を持っている」と付け加えた。
懲戒が撤回されたことについては「そうなるべきだった」と力を込めて語った。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...