日メディア迅速報道"U-17、10年ぶりに8強進出"
スポーツ朝鮮




※一部要約

"リトル太極戦士"の活躍。
日本メディアも迅速に報じた。

キム・ジョンス監督が率いるU-17代表は6日、ブラジル・ゴイアニアのオリンピック競技場で行われたアンゴラとの2019FIFA U-17ワールドカップ16強戦に1対0で勝利した。
前半33分に炸裂したチェ・ミンソが決勝ゴールを決めた。
これで韓国は2009年以来、10年ぶりで歴代3回目(1987、2009年)のU-17ワールドカップ8強の舞台を踏むことになった。

偶然にも次の相手は日本・メキシコ戦の勝者である。
日本との"リトル韓日戦"実現の可能性が慎重に予想される理由だ。
そのためか日本メディアもキム・ジョンス号8強進出のニュースを素早く伝えた。

日本サッカー専門メディアのフットボールチャンネルは"韓国U-17代表がアンゴラを下して10年ぶりに8強に進出した。先制ゴールを守った韓国は2009年以来、5大会ぶりに8強に進出した。これは韓国史上3回目"と伝えた。

一方、日本とメキシコは7日午前4時30分に激突する。


スポンサーリンク
楽天





U-17ワールドカップ8強キム・ジョンス「日本?メキシコ?どちらのチームでも構わない」
ゴールドットコム




※一部要約

試合後にキム・ジョンス監督は「非常に苦しんだ試合だった。GLの試合でもたくさん走ったが、私たちのチームの日程は移動が多く、体力的に大変だった。それでもしっかりプレーした選手がありがたい」と所感を明かした。

後半にアンゴラの激しい攻撃が続いたが、韓国は分厚い守備でリードをしっかり守った。
それについて「アンゴラは個人的な指向が強いため、組織的な協力守備に焦点を合わせた。細部的にはサイドのクロスによる得点が多く、クロスのチャンスを減らすことに集中した」と戦略を説明した。

キム・ジョンス監督は「特に守備陣が非常によくやったし、MFだったイ・ハンボムがCBに変わって上手くやってくれた。ポジションの適応は終わったようだ」とした。

8強の対決を控える韓国は、日本・メキシコ戦の勝者と対決する。
どのチームを相手にしたいかという問いには「どのチームと対決しても構わない。相手より自分たちがどうするかがさらに重要だ。私たちは最後まで挑戦し、冒険するチームだ。どちらが上がってきてもしっかり準備して挑戦する」と覚悟を固めた。







U-17代表チョン・サンビン「8強で日本と対決したい」
マイデイリー




※一部要約

アンゴラ戦に先発出場してチームの勝利の主役として活躍したチョン・サンビンは「8強では日本と当たりたい」として、中学1年のときに出場した韓日交流戦で敗れたのを雪辱したいという意をあらわした。
今大会で後半に交代出場し、スーパーサブとして活躍してきたチョン・サンビンは、アンゴラ戦で先発出場したことについて「大変ではなかったが、後半になって感じが来た」と伝えたりもした。

U-17代表のキム・ジョンス監督は、チョン・ソンビンがアンゴラ戦で先発出場したことについて「相手を分析したとき、アンゴラの4バックはあまり出てくる指向ではなかった。なのでサンビンが広いスペースを活かせると思った。最終的にサンビンが得点に関与して非常に満足」という意をあらわした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...