日もソン・フンミン退場を特筆大書、「危険なファールのソン・フンミンがショックで号泣」
スポータルコリア




※一部要約

ソン・フンミンのバックタックル退場について、日本メディアも注意深く見守った。

4日、日本"フットボールチャンネル"は「エバートンMFに足首重傷のファールをしたソン・フンミンがショックで号泣」というタイトルの報道をした。
"フットボールゾーン"も「韓国代表ソン・フンミンが相手の重傷で衝撃の涙、危険なタックルで即退場」と関連ニュースを伝えた。

ソン・フンミンはエバートンとのイングランド・プレミアリーグ11ラウンド遠征試合で、トッテナムの先制ゴールをアシストした。
だが後半33分、エバートンのアンドレ・ゴメスを阻んでバックタックルをして、このタックルで重心を失ったゴメスはトッテナムDFセルジュ・オーリエとぶつかってから足首骨折の負傷をした。

ソン・フンミンはゴメスの負傷の状態が深刻だと知り、頭を抱えて涙を流した。
主審はイエローカードを出そうとしたが、ゴメスの負傷の酷さを確認してからレッドカードに変えて退場を命じた。

"フットボールゾーン"は「ソン・フンミンは衝撃のためか、クラブスタッフに体を預けなければすぐにでも倒れそうだった」と、ソン・フンミンが大きな衝撃を受けたと伝えた。
"フットボールチャンネル"は「ソン・フンミン以外の選手はゴメスの状態を見て頭を抱えた」と、選手がゴメスの負傷を心配したと付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





皆が故意じゃないと言ってるのに…中「SONが報復タックルをした」
スポータルコリア




※一部要約

ソン・フンミンがアンドレ・ゴメスに深刻な怪我を負わせてから、自責して頭を上げられずにいる。
トッテナム・ホットスパーとエバートンの監督、選手は故意ではないと主張している。
だが中国の考えは違った。

両チームの選手と監督は「故意ではなかった」と、ソン・フンミンを慰めた。
英国メディアの専門家も「退場させるほどの故意性はなかった」と明かした。

だが中国メディアはソン・フンミンを責め立てた。
中国"搜狐ドットコム"は「ソン・フンミンは後半31分にゴメスの肘攻撃を受け、2分後に報復タックルで彼に深刻な怪我を負わせた」と指摘した。

ソン・フンミンがゴメスに深刻な怪我を負わせたタックルのシーンに、落ち度がなかったと言うことはできない。
だが両チームの選手と監督のすべてが故意性はないとはっきり言ったし、ソン・フンミンは涙を流して自責するほどなら、報復タックルの意見には共感できない。




日本メディの主張「ソン・フンミンのタックルは報復行為、肘で顔を殴られて…」
スターニュース




※一部要約

サッカーダイジェストウェブは「トッテナム-エバートン戦でゴメスが重傷を負い、多くの人々が残念がっている」として、「退場のプレーの前、ソン・フンミンはゴメスとボール争いをする過程で、ゴメスの肘を顔に当てられた。なのでゴメスに対するソン・フンミンのバックタックルは"報復行為"と解釈される」と主張した。

ソン・フンミンは今回の退場で3試合出場停止の懲戒を受け、日程的に11月の試合をプレーできなくなった。
トッテナムはソン・フンミンの出場停止の懲戒について控訴を準備している。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:ソン・フンミンのタックルでAゴメスがリプレーできないほどの大怪我…主審は最悪の判定
ソン・フンミンのバックタックル退場はW予選にも影響を及ぼすか…ベント韓国代表監督は「できるだけ助ける」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...