女子U-19サッカー、韓日戦で惜しい敗北
ノーカットニュース




※一部要約

女子サッカーの有望株が韓日戦で涙を流した。

ホ・ジョンジェ監督が率いるU-19女子サッカー代表は31日、タイのチョンブリー・スタジアムで行われた2019AFC U-19チャンピオンシップB組2次戦で日本に0対2で敗れた。




韓国U-19女子サッカー、日本に0-2の完敗
NEWSIS




※一部要約

韓国は前半16分に菅野奏音(日本テレビ)、後半39分に山本柚月(日本テレビ)に連続ゴールを許して完敗した。

今大会は8チームが2組に分かれてGLを行い、各組1・2位が4強トーナメントを行って優勝チームを決める。

決勝に上がった2チームと3~4位戦の勝者、合計3チームが来年7月にナイジェリアで行われる2020FIFA U-20女子ワールドカップの出場権を得る。


スポンサーリンク
楽天





韓日戦に0-2で敗北したU19女子代表、ワールドカップ本戦進出"赤信号"
OSEN




※一部要約

1勝1敗の韓国は中国にゴール得失で押され、グループ2位(※3位の間違い)になった。

韓国はミャンマーとの最終戦で大量得点をしてこそ、中国とのゴール得失で上回って2位を占めることができる。
韓国が4強に進出できなければ、来年のU20 FIFAワールドカップ本戦行きは挫折する。




"韓日戦完敗"ホ・ジョンジェ監督、「選手が序盤にかなり緊張した」
OSEN




※一部要約

試合後のホ・ジョンジェ監督は「試合序盤に選手はかなり緊張したようだ。選手は良いチームと大きな試合の経験が豊富じゃなかったので、世界的なチームである日本を相手に、試合序盤に緊張して体が上手く動かなかった。終盤に私たちの選手が脚を痙攣し、フォーメーションを変更する状況で上手く対処できなかったのも残念」と所感を伝えた。

韓国は後半に同点ゴールを狙ったが、追加失点で崩れた。
ホ監督は「実際、私たちが見てきた姿ではなかった。最初のゴールで失点した後に自分たちのペースを見つけて、ボール支配率も上げてチャンスも作っていたシーンが試合序盤から出なければならなかったのに、そうじゃなかったことが惜しい」と敗因を分析した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...