サッカー日本代表、東京五輪ユニは迷彩柄を初採用

ッカー日本代表が20年東京五輪で使用するユニホームに、初めて迷彩風のデザインが採用されることが21日、分かった。A代表、世代別代表ともに着用することになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-10210894-nksports-socc




日本、東京オリンピックで"軍服連想"デザインのユニフォーム着用
スポータルコリア




※一部要約

日本サッカー代表の新ユニフォームのデザインが公開された。
サッカーのユニフォームでは異例的なカモフラージュデザインが適用された。

22日、日本"日刊スポーツ"が日本の新ユニフォームデザインの試案イメージを公開した。
伝統的に使ってきた青色のカラーを基調に黒と白が適用された、軍服を連想させるカモフラージュデザインで成り立っていた。


スポンサーリンク
楽天





代表ユニフォームはワールドカップとオリンピックに合わせて交代する。
現在日本が着ているユニフォームは、2018ロシアワールドカップを控えた2017年11月から着用している。
"日刊スポーツ"は「11月14日に行われる2022カタールワールドカップ2次予選のキルギスタン戦から着用すると予想される」と伝えた。

日本は各級代表にこのデザインのユニフォームを支給する予定である。
東京オリンピックでは日本サッカー協会のエンブレムの代わりに、日章旗をつけることにした。

カモフラージュはファッションのデザインで広く活用されている。
だが象徴性が特別な代表ユニフォームにカモフラージュが適用された点は異例的だ。

現在日本は東京オリンピックで軍国主義の象徴である旭日旗の応援を許容している。
そこに軍服を連想させるカモフラージュのユニフォームを着ることになり、様々な憶測を生じさせている。
日本は2014ブラジルワールドカップを前に、旭日旗を連想させるデザインが適用されたユニフォームを着たことがある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...