仁川ユ・サンチョル監督、降格圏脱出に「グッと来た」
韓国経済




※一部要約

仁川ユナイテッドのユ・サンチョル監督が"降格圏脱出"という貴重なプレゼントを貰った。

ユ監督が率いる仁川は19日、城南の炭川総合運動場で行われたKリーグ1・2019・ファイナルB34ラウンドの城南FCを1-0で下した。

0-0の均衡が続いた後半29分、仁川はムゴシャのFKゴールで貴重な勝ち点3を手にした。
この日の勝利で仁川(勝ち点29)は慶南FC(勝ち点28)を抜いて11位から10位に上昇、降格圏から脱出した。

ユ監督は「選手が遠征で勝とうという切実さが大きかったようだ。心を一つにして試合をしたのが良い結果を作ったようだ」として、「昨日(18日)が誕生日だったので、プレゼントを貰ったみたいで嬉しい」と明かした。

また、試合後に選手が涙を流したことについて「私もグッと来た」として、「選手は今の仁川の位置が危険なので、切実さに涙を見せたようだ。勝利への感動が大きかった」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





ユ・サンチョル監督闘病…勝って泣いてしまった仁川
東亜日報




※一部要約

毎シーズンの後半、降格の危機に陥りながらも底力を発揮して1部残留に成功してきた"残留王"仁川が19日、城南とのファイナルB(7~12位)のアウェイ試合に1-0で勝った。
1チームあたり4試合ずつ残しているなか、勝ち点29になった仁川は慶南を11位に引きずり下ろして10位になり、ひとまず降格圏から脱した。
ファイナルラウンドの最終結果によって最下位(12位)はKリーグ2に降格し、11位はKリーグ2プレーオフの勝者と昇降プレーオフを行わなければならない。

この日の選手の涙には、様々な意味が含まれていた。
仁川は20日、「最近ユ・サンチョル監督の健康が悪化した.黄疸の症状で城南戦が終わってから病院に入院し、精密検査を控えている状態」と明かした。
仁川の関係者は「(監督の)具合の悪い体調を選手も知っていて、城南戦勝利の後で感情がこみ上げたようだ」と語った。




仁川「ユ・サンチョル監督の健康悪化は正しい」…推測性報道の自制を要請
スポTVニュース




※一部要約

仁川は翌日、公式的な立場を慎重に発表した。
SNSでチョン・ダルス代表理事が「ユ・サンチョル監督の健康状態が悪化したのは事実である。黄疸の症状を見せて城南戦が終わってから病院に入院し、精密検査を控えている状態」と明かした。

試合直後に様々な話が出回り、仁川は慎重に悩んでから発表した。
チョン代表理事は「これから発生するすべての情報を、愛するファンの皆様とメディア関係者の皆様にありのまま共有することをお約束する。どうかメディア関係者の皆様は間違った噂や推測性の報道などで、ユ・サンチョル監督をはじめとする周囲の人々を苦しめることを自制するようお願いします」と丁重に頼んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...