"未曾有の無観客試合"北韓の答えはなかった
ノーカットニュース




※一部要約

試合開始1時間30分前。
平壌の金日成競技場の観客出入り口は固く閉じられていた。
当初は4万の観客が予想されていたが、ついに出入り口は開かれなかった。
29年ぶりの平壌南北戦は無観客試合で行われた。

団長の資格で選手団と同行した大韓サッカー協会のチェ・ヨンイル副会長は17日、仁川空港から帰国してから「無観客試合になって驚いた」として、「1時間30分前に競技場へ行った。門が開くだろう、観客が5万入ってくるだろうと予想していたが、最後まで門が開かなかった。選手と監督すべてが驚いた」と語った。

無観客試合について、これといった答えも聞けなかった。
北韓の関係者は質問を逃れるのに忙しかった。

チェ・ヨンイル副会長は「無観客試合試合について説明がなかった。話をさせても目を合わせることもせず、聞いても返事をちゃんとしようとしなかった」として、「なぜこうなったのかと聞くと、わからないと言った。正確な答えもなく、話を投げ出した。冷ややかな雰囲気だった」

大韓サッカー協会のチョン・モンギュ会長も平壌を訪れた。
だが北韓はまともな待遇さえしなかった。

チェ・ヨンイル副会長は「私たちが入るところは中央でなければならなかった。ところが私たちの席だけサイドに配置されていた。中央に入らなければならないのに、最初から行けないようにしていた」として、「幸い会長は入ってからFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長と会った。ただし深い話はしなかったようだ」と語った。


スポンサーリンク
楽天





戦争のようだった平壌遠征、私たちが想像する以上だった
スポーツ朝鮮




※一部要約

何がどう動いているのかわからなかった。
両チームの選手が前半戦に対峙する状況が演出され、非常に激しい試合が繰り広げられたという情報しか得られなかった。
そんな中で0対0の引き分けの結果が出た。
平壌でどんなことがあったのかを知ることができたのは、結局選手団の口から伝え聞くことだけだった。

ベント監督やソン・フンミン、そして選手団長の資格で同行したチェ副会長が北韓遠征について詳しい説明をした。
内容は思っていたよりさらに衝撃的だった。
試合の外的な変数は十分予想していたことだったが、試合の内容的にも困難があったという話だった。

ソン・フンミンは当時を二度と思い出したくないかのように、しきりに首を左右に振っていた。
彼は「サッカーをすれば得るもの、失うものがある。今回の対戦は目標にしていた勝ち点3を得られず残念だった。だが選手全員が怪我をせずに帰ってきたことだけで大きな収穫」と語った。
北韓の選手は過度に激しいプレーで一貫していたという。
ソン・フンミンは続けて「サッカーをしていれば小競り合いは当然あることだ。だが今回の対戦は誰が見ても荒っぽい状況が多かった。それが作戦かもしれないという考えもした。本当に酷い悪口も聞いた。記憶したくない悪口だった」と振り返った。
観客がいないのでグラウンドでプレーする選手、ベンチにいる選手の叫び声がそのまま現場にいた選手にすべて伝わった。





チェ副会長は「そのまま戦争だった。相手選手の目つきが違った。私たちが技術的にサッカーをしたのなら、相手は精神力で出てきたように見えた。本当に激しかった。肘と手で叩き、ジャンプをすれば膝で攻撃するなどのプレーだった。怪我をせず勝ち点1を取ってきただけでも満足している」と明かした。

実際、この日の試合中にファン・インボム(バンクーバー)が相手の攻撃を受けて、両チームが対峙する状況が起きたという。故意に攻撃したものではないと言えるかもしれないが、体が資本の選手にとっては恐怖そのものだった。
ソン・フンミンは「できるだけ怪我をしてはならないという考えで試合に臨み、競技力が出なかったのかもしれない」と説明した。

ソン・フンミンは普段のインタビューのとき、相手を貶したり批判するような現行をあまりしない。
だが北韓戦に関する質問には改まった顔つきになる反応をしばしば見せた。
どれほど恐ろしい遠征だったのか見当がつく。
ソン・フンミンは「試合後にユニフォーム交換をしたか」という質問に、「あえてなぜ」と答えて自分の心境を表現した。

試合の外的にも北韓は選手団を冷遇した。
入国時に必要以上の検査で入国を遅らせてスケジュールをかき乱し、食事も適時に食べられなかった。
代表が持っていった食材も使えなかった。
ホテルでは最初から誰も外部に出入りできないように防いでいて、部屋だけにいなければならなかった。
チェ副会長は「2年前に女子サッカーで北韓を訪れたときと比べると反応が冷たかったし、寒かった。色々話しかけても目も合わせず、返事もまともにしなかった」と当時の雰囲気を説明した。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:「無観客で中継なし」歴代級の異様な試合…史上初の南北W杯予選はスコアレスドロー
韓国メディア:サッカー南北戦に驚いたFIFA、女子W杯の南北共催も水泡に帰すか…北朝鮮のセルフ無観客は予見されていた



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...